日本初!勝手に勉強する子ができる塾

受験直前は学校を休ませるべき?

マスクをして勉強をする生徒

受験直前は休ませるべき?

お母さん

「受験が近くなってきたら、学校を休ませるべきでしょうか。周りの中学受験をする子も休んでいますし、休ませるべきなのかと迷っています。」

受験過熱地域では毎年この手の質問を受けます。

インフルエンザも流行る時期なので状況によっては仕方ないと思いますが、学校を休ませて勉強させたから合格するわけではありません。

受かる子は、いつも通り学校に行っていても受かります

勉強時間の確保のために休ませるというのは、子どもや親自身を精神的に追い詰めかねないのでお勧めしません。

そもそもこんな時期になって、学校を休んでまで勉強時間を確保しなければいけないようなやり方をしていたのがいけないのですから、今さらあがいたところで大して変わりません。

また、公教育というのは勉強以外のことを学ぶ重要な場所なのです。

友人関係や社会性を含め、学校での勉強以外のやり取りは子どもにとって当たり前の日常なのです。

受験勉強さえやっていればいいという考え方では合格後の先が思いやられます。

過度に匿うのではなく、極力いつも通りの生活をさせてあげるようにしてあげるのも親の役割でしょう。

学校の環境が余程悪影響な場合。

例えばいじめを受けているとか、インフルエンザが蔓延しているとか、そういったどうしようもない事情がある場合は学校の先生に相談しましょう。

また、今年は新型コロナウイルスでどうなるかもわかりません。

そういった事情の場合、勉強や学校教育以上に重要な問題がある場合には休ませるのも一つの手段でしょう。

なお、休ませる場合には、正直に受験を理由に休むことを伝える方がいい場合もありますし、他の理由で休む方が角が立たない場合もあります。

担任の先生の性格から判断するのがいいでしょう。

とはいえ、受験過熱地域では先生もわかっているものです。

素直に「このところ体調が心配なので、受験を控えているため休ませたい。」と連絡をする方が印象的にはいいでしょう。

賄賂はいけませんが、先生への気遣いも忘れずに。

また、中学受験であっても、高校受験であっても、子どもだけ休ませて親がついてあげられない状況は非常に危険なので、子どもを休ませる以上、親も一緒についていてあげて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書