日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

やらせるからやらない!?中毒の原理を勉強に応用する方法とは?

テレビゲームをやる男の子

中毒の原理を逆手に取る方法

子どもの興味を引き立てられるのはどっちの先生?

2つのタイプの先生がいたとします。

1人は生徒が聞いてきたら答えをすぐ教えてくれる先生

もう1人は生徒が聞いてきても、教えてくれない先生

どちらの先生の方が子どもの興味を引き立てられると思いますか?

答えは自分で見つける方が楽しい

実は教えてくれない先生なのです。

親からすると、すぐに教えてくれる先生の方がいい気がしますけどね(笑)

でも子どもからすると、教えてくれない先生の方が楽しいと感じるのです。

なぜなら、疑問に感じた事を解決した時の達成感と喜びが大きくなるからです。

こんな経験ありませんか?

前からずーっと欲しい欲しいと思っていた洋服。

我慢して我慢して手に入れると、より喜びが大きくなりませんか?

これと同じです。

すぐに手に入れた解答よりも、苦労して手に入れた解答の方がより得られた時の喜びが大きくなるのです。

これは心理学でいうところの、認知的不協和の原理ですね。

そしてこれは中毒性を生み出します。

そう、ギャンブルと同じなんです。

わくわくは中毒になる

なぜギャンブルにはまってしまう人が多いのでしょうか。

我慢して我慢して得られた時の喜びが大きいからです。

そしてその快感を覚えてしまうと、またそれを求めて繰り返してしまうのです。

この性質は心理学で部分強化と呼ばれています。

部分強化を調べる実験ではラットに餌を与える実験があります。

ラットを入れたケースにスイッチを用意して、一方は押すと餌が必ずもらえる、もう一方のスイッチは時々餌が出るようにします。

さて、ラットはどちらのボタンを押すようになると思いますか?

なんとラットは餌が必ずもらえるスイッチではなく、時々出るスイッチを押し続けるようになるのです。

これは毎回同じ結果が得られるよりも、必ずしも同じではない結果になる方が、記憶や印象として定着しやすいことを意味しています。

本当にお金が必要ならちゃんと仕事して稼ぐべきなのに、一定の確率でしか稼げないギャンブルにはまるのはこの原理ですね。

達成感で中毒にする方法

どうすれば子どもの学習意欲を引き出せるのでしょうか。

子どもが興味を持った時に、それを引っ張って考えさせるのです。

簡単に答えが出てしまうようでは面白くありません。

自分たちなりに考えて、考えて、やっと答えがわかる

これが快感につながっていき、学習意欲につながっていくのです。

引っ張り方がよくないと逆に学習意欲をそいでしまうんですけどね(^^;)

そしてこの「わかる」ことの喜びと,、「自分で調べる」という技術が備わると、あとは勝手に疑問を解決できるようになっていけます。

ファイが授業で一番意識しているのはここなんですね。

子どもの興味を引き出して、それを引っ張って自分で考えさせる

そこに喜びを覚えるから勉強し出す。

簡単でしょ?(^^♪

この方法は家で勉強しているときも使える方法ですから、ぜひ真似してみて下さい。

「うまくいかないよ…」

という方は、月1万円からアドバイザーをしていますので、ぜひご利用下さい。

アドバイスするコールセンターの女性のイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書