日本初!勝手に勉強する子ができる塾

受験の前日、当日にやるべきこと、注意する事。

勉強する子供

前日にやってはいけないこと

受験前日というと親も子も気合が入ってあれこれ準備を考えそうな感じですが、
普段やらない準備はプレッシャーを高めるだけです。

特に絶対やってはいけないのが,
受験前日だからと言って早く寝かせること。

普段布団に入っていない時間に布団に入れたって眠れやしません。
かえって不安をあおるだけで,
それがまた「ヤバい寝なきゃ!」
って不安をあおって眠れなくなるのが落ちです。

さすがに12時には布団に入らせるべきですが,
普段よりも1時間も早く寝かせようと思ってもなかなか難しいのでやめましょう。

逆に不安で眠れなければ,
ただただ単調な作業を繰り返して,
眠くなるように仕向けましょう。

さて,受験当日。

絶対にやってはいけないのは友達との待ち合わせです。
友達と待ち合わせると,プレッシャーから解放されるような気がしますが,
同時に不安を生む要因にもなります。

例えば一番最悪なケースは友達が待ち合わせ場所に時間通り来ない場合です。
先に行くべきか,待っているべきか。
こんなことで悩んでペースが崩されてしまう事もしばしば。

また,試験会場に向かう間の友達との会話。
当たり障りのない会話ならいいのですが,
知識の確認なんて始めた時には最悪です。

自分がわかっていないものが出てきたら,
それだけでペースが崩れていきます。

受験会場に持っていくのはお守りと自分が今まで頑張ってきた教材。
一番使い古した教材や思い入れがあるノートがいいでしょう。
受験当日に新しい事を覚えようとか考えてはいけません。
一番自分の自信につながるものを手元に置き,
眺めているだけで構いません。

親として気を付けるべきことは,
とにかくいつも通りにすることです。
受験当日の朝ごはんは気を使いますが,
気持ち気合を入れる程度に留めましょう。

張り切りすぎてカツカレーみたいな願掛けをすると,
胃もたれや腹痛を起こしかねません。
親の受験ではないのですから,
ほんのちょっと気を利かせるぐらいでちょうどいいのです。
それ以外はいつも通りにしてあげて下さい。

みなさんの受験の成功,お祈り申し上げます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書