日本初!勝手に勉強する子ができる塾

旅行のパンフレットから学べる中学受験

娘に勉強を教える親

旅行のパンフレットは地理の勉強の宝庫!

ヨーロッパ旅行のパンフレットから学ぶ

これはとある旅行会社パンフレットヨーロッパ旅行の地図の1ページです。これがポストに入っていたのですが,このパンフレットを見て,中学受験小5の生徒が質問してきました。

「先生,なんで日本から離れてるところの方が早く着くの?」

ご存知の方からしたら大したことじゃないでしょうし,旅行雑誌を見てそんなところを見ないと思いますが,子どもはこういう所にも興味を示します。もう一度子どもが着目した場所に印をつけたパンフレットを見てみましょう。

ヨーロッパ旅行のパンフレットから学ぶ2

ギリシャアテネまでの直行便が12.5時間なのに対して,ノルウェーベルゲンまでは11時間チェコプラハ11時間クロアチアドブロブニク12時間。なぜ同じ成田からの直行便なのにギリシャよりも遠い所が早いかお分かりになりますか?

子ども達はこう考えていました。

「遠くに行く飛行機の方が速い!」
「飛行機が小さい!」
「風が強くてなかなか着陸できない!」

同じヨーロッパなのにわざわざ遅い飛行機で行く理由がないので当然違います。飛行機の大きさも風の強さも関係ありません。子どもの想像力はすごいもので,色々ととんでもない考えが出てきます。そこで地球儀を持ってこさせました。しばらく日本と見比べてみて,あーでもないこーでもないと話し,すぐに気が付きました。

「北極を通った方が近いんだ!」

日本とヨーロッパを見たとき,西に飛んでいくよりも,北から回っていった方が近いんですね。で,そうやっていくと,北東にある方が短い時間で行けることになる。だからギリシャの方が時間がかかるのです。

ちなみにこれ,中学入試公立中高一貫でも題材となる問題です。大抵の場合,地図に線が引いてあって,どのルートを飛んでいくのが近いかという問題ですね。メルカトル図法の場合,真っすぐ左に線を引くと直線でたどり着いてしまうので,間違えてしまう子が多いのです。

今回は旅行パンフレットでしたが,身近にあるものから学べる機会というのは結構多いものです。また,パンフレットは社会や経済を表していることが多く,見方を変えると様々なことを学ぶことができます。子どもが疑問に思うか思わないかは,親がどう勉強させているかにかかっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書