日本初!勝手に勉強する子ができる塾

塾は部活が始まってからでも大丈夫?

子供のことで悩む親

部活が始まってからでも間に合う?

お母さん

「これから中1になる子どもがいるのですが、部活は運動系に入ろうと思っています。割と熱心な部活とのことなので、練習がどうなるかわからず、塾に通えるかわかりません。そのため、部活の様子を見てから塾を決めようと思っているのですが、大丈夫でしょうか。」

部活優先と決まっているなら問題ない

全然問題ありません

部活が始まってから様子を見ながら塾に入れましょう。

確認するまでもなく、部活優先をお考えのようですから、塾は部活の都合に合う所を選んだ方が負担が少なくなります。

もちろん、部活がきつくなってきて、勉強が回らなくなるようなら、迷わず塾をやめて部活に専念して下さい。

狙うところが部活の推薦であれば、塾に通うよりも、練習を積み重ねておいた方がいいはずです。

勉強なんて特筆して勝てるものがないならやっておいた方が無難というだけのものです。

他に勝てるものがあるのであれば、それをしっかり目指して下さい。

二兎を追う者は一兎をも得ず、です。

両立を目指すのであれば

勉強と部活については以前記事にしているので、こちらをご覧下さい。

 ⇒ 部活が始まってから塾に入るのはすでに手遅れ!

 ⇒ 中学生になる前に思い切って転塾!勉強法を身に着けて進学したから部活との両立がうまくいった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書