日本初!勝手に勉強する子ができる塾

初めてのコミュニケーション

クーイング

生まれたばかりの赤ちゃんは,コミュニケーションというものを知らない。

ただ反射で行動する。

自分の泣き声もわからないし,手足の感覚だってわからない。

見えるものもなんだかわからないし,何もかにも全くわからない。

そんなわからないことだらけの中,ある時突然自分の声に気付く。

泣いているときではなく,落ち着いているときに出る自分の出している声,クーイング。

自分のクーイングに自分で驚く。

何度も出しているうちに,自分の意思で音を出せることに気付く。

そしてクーイングをすると,反応を返してくれる人がいることに気付く。

これが子どもとの初めてのコミュニケーション。

何を言っているかわからない。

何をしているかもわからない。

お互い何もわかっていないけれど,お互い自分の声に反応してくれていることだけはわかってる。

その初めてのコミュニケーションは,何かを伝えるためでも,何かを押し付けるのでもなく,お互い相手を理解しようとして交わされる。

何を言っているのかわからないけれど,お互い楽しんで続けられる。

あなたとあなたの子どもも,そうやって初めてのコミュニケーションを取ったはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書