日本初!勝手に勉強する子ができる塾

子どもを思いのままに操る話術【ダブルバインド】

面接で回答を促す面接官

会話をちょっと工夫するだけのテクニック。ダブルバインドとは

子どもと話をしていても,うまく自分の思う方向に話を進められなくてイライラすることも多いでしょう。

そんな時に知っているといい話術,ダブルバインドという心理学のテクニックがあります。

ちょっと子どもの気持ちになって考えて見て下さい。

理科と社会ならどっちが好きですか?

はい,今「どっちだろう?」って考えた方,「理科かな」「社会かな」って考えた方,すでにダブルバインドにはまっています(笑)

この質問は「どちらか好きなものを選べ」と言っているので,「そもそも勉強が嫌いだ」という大前提があったとしても無視してるのです。

そして子どもにこういう質問のかけ方をすると,勉強が嫌いでも,大前提を華麗にスルーされたので,その中で好きなものを探し始める

好きなものを探させているので,いつしか本当に好きになる

だから「勉強嫌い!」から「理科は好き!」「英語は好き!」に変わってきます。

要するにダブルバインドというのは,二択の質問で,どちらを答えても本質的には質問者が狙った解答にはまってしまう,そういう質問の仕方です。

ファイでの活用事例

ファイではこんな使い方をします。

「簡単だけど量が多い宿題か,難しいけど少ない宿題,どっちがいい?」

こういう投げかけを宿題を出す前にすると生徒は割と真剣に考えます。

「えー!?計算多いの大変じゃん!」
「でも難しくて解けないと時間かかっちゃうよ!」

この時点で子ども達はダブルバインドにはまっているのです。
頭の中は宿題をやる事前提に話が進んでいる訳ですから(笑)

こんな使い方もします。

「数学と理科,宿題を少なくするとしたらどっちがいい?」

まぁ大体「数学!」と答えるのですが,答えた時点で理科は宿題を多く出していい訳です。子ども達が自分で決めたんですから(笑)

もちろん先生だけではなく,保護者の方でも使う事ができます。

「お風呂掃除と皿洗い,どっちやる?」

これはお手伝いする事を前提とした質問です。

「お風呂掃除して!」と言うと,「えー!?ヤダよー!」となりますが,「どっちやる?」と聞かれると,選択の余地が与えられ,しかも自ら選んだ訳ですから手伝ってしまう訳です。

勉強させたいなーと思う時も

「漢字練習か計算練習,どっちかやってから学校に行く事にしよう!どっちがいい?」

このようにに聞くと,やはりやる事は前提になっているので,選びさえすれば,強制しなくてもどちらかはやるようになります。

ね?
簡単でしょ?(笑)

あなたもぜひうまく使って,子どもと喧嘩せずにうまく操って下さいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書