日本初!勝手に勉強する子ができる塾

赤ちゃんの時に見る夢

赤ちゃんの睡眠

赤ちゃんは言葉を知らない。

視界もよく見えない。

だから赤ちゃんの夢は音と感触がメインなんだと思う。

生活してきた環境の音。

お母さんお父さんの声。

抱き方。

温かさ。

そしてわずかに見える光景。

これらを頼りに記憶が構築され,安心できる場所が記録させる。

この音,この声,この光がある場所が自分の居場所なのだと覚えていく。

それがどんな環境であっても,そこが自分の居場所になる。

もちろん子どもは赤ちゃんの時の記憶はほとんどない。

でもそれが根底にあるから,大人になっても求める場所は子どもの時の環境と同じになる。

当時は音の意味も,言葉の意味も,感触の意味もわからなかったから,大人になってもどんな場所が自分の居場所だったのか説明できない。

でも漠然と,自分の安心できる場所,安心できる環境はインプットされていて,それを元に漠然とした理想が作られる。

あなたが子どもをどんな環境でどうやって育ててきたか,もう一度思い出してみて。

それが子どもの理想の原点。

点が取れなくても,成績が悪くても,その安心できる理想の原点に近づきたいと思って頑張ってる。

現状が理想の原点と離れれば離れる程,それを追い求めようとして勉強から外れていく。

勉強して欲しいなら,安心できる理想の原点に近づけてあげればいい。

安心できるとわかったとき,子どもは勉強もしてくれる。

あなたが,親がするべきは,「勉強しろ!」ということではないはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書