日本初!勝手に勉強する子ができる塾

消防士はどこに水をかけているのか?

鉄板焼きの炎

受験にどう役立つ?

火が燃える条件がわかっていれば十分考えることができるはずです。

知っているだけではなく,実際にどう使っているのかを考えることで,知識が理解に変わります。

燃える条件

燃えるための条件は,

  • 燃料
  • 温度
  • 酸素

この3つがそろっていることが重要で,どれか一つかけても火はつきません。

これは入試でも必須な内容なので,必ず押さえておきましょう。

消防士はどこに水をかける?

消防士は火に水をかける。

当たり前といえば当たり前ですが,火とはどこでしょう?

赤く燃えている炎の部分?

確かに炎にかければ消えそうな気がしますが,実はそうではありません。

炎の部分はすでに燃料の燃焼が起きているところなので,そこに水をかけても次から次へと燃焼が起きてしまいます。

よって火を消すためには温度を下げるか酸素を絶つか

温度を下げるなら,これ以上燃え広がらないように,燃えている燃料となっている付近に水を送り込みます。

また,煙に水をかけることにより,燃焼している部分全体の温度を下げることで,燃え広がるのを防ぐこともできます。

酸素を絶つのであれば,水を大量にかけることで,燃料に酸素が触れないようにしてしまう方法もあります。

もっとも火事は規模がかなり大きいため,単純に水をかければいいというものでもありません。

何が原因で燃えているのかによっても,消化に使うものが変わってきます。

また,規模が小さいときの消火とは対処の方法が異なります。

その場その場で適切な消化をするようにしましょう。

江戸時代の火消し

江戸時代は現代のようなポンプはなく,ないよりまし程度の水しかかけられませんでした。

そのため,江戸時代の火消しは水で消化をするというよりも,燃え広がらないようにすることを大きな目的としていました。

つまり,燃え移る前に隣の家を破壊しておく。

こうすることで,燃え広がらずに,今燃えているものの燃料が尽きたら鎮火するというわけです。

大人からしてみれば常識ですが,子どもからしてみると結構未知の領域なことが多いのです。

考えさせるきっかけとして,ぜひ話して見て下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書