日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

中1の初めてのテストをどう乗り切らせるか?

母親に怒られながら勉強する女の子

中1の最初のテストの注意点

親がするべきことは勉強させることではない!?

お母さん

「中1で最初のテストが心配です。成績にも影響してきますし、問題が難しくなるのもわかってはいるのですが、子どもにどう伝えたらいいのか、どう勉強に向かわせたらいいのかわかりません。何かアドバイスを頂けますでしょうか。」

公立中、私立中問わず、よくある相談の1つですね。

小学校とはガラッと変わり、体力的にキツい部活、進みの速い勉強、そして成績。

さらには受験にまで影響を及ぼす定期テスト。

初めての子どもとなれば、親としても力が入る事でしょう。

とはいえ、今までと同じ勉強をしてもなかなか点にならないものです。

そこで1つアドバイスを。

親として大切なのは、勉強させることではないのです。

勉強させるよりも、している時間を見てあげること

親が力を入れるべきは「勉強しなさい」ではなく、勉強している姿を褒めることです。

小学生のうちに余程の勉強嫌いになっていない限り、中学校に上がれば大体の子どもが心機一転、もう一度勉強を頑張ろうと思うものです。

つまり、放っておいても周りの環境に流されてある程度は勉強するようになるはずなのです。

しかしなぜか最初だけやってどんどん勉強しなくなる。

これはなぜでしょう?

この原因の一つに「勉強の圧迫」があります。

やろうと思っているのに「やれやれ」言われたら嫌になりませんか?

例えば姑に掃除洗濯の指図をされたり、子供の教育について口を出されるのは嫌になりますよね?

上司にあれこれ指図された上、やっても「当たり前」みたいな事言われたら嫌になりませんか?

大人は感情を制御することはできるのですが、子どもはまだ成長段階ですから制御できません。

そうすると反抗するという手段にでます

つまり、やらなくなります(笑)

仮に言う事を聞いてやっているように見えても、そこに積極性はありません。

そこで大切になるのが、やる気を存続させてあげること。

すなわち、勉強している姿を褒める。

これにつきます。

褒められればおのずと勉強する習慣がついてきます。

全く勉強しない子にはどうすればいい?

もし仮に本当に全く勉強しない子がいたらどうすればいいのでしょうか。

まず大前提として、親が「勉強しなさい」と言ってやるようになったという例はほとんど聞いたことがない、ということはよく頭に入れておいて下さい。

つまり、言うだけ無駄ということです。

「勉強しなさい」と言いたければ、代わりに言ってくれる人がいる環境に入れてしまいましょう。

例えば塾とか、みんな勉強する事が当たり前になっている学校とかです。

環境さえ作ってしまえば、親が勉強しなさいと言う必要はありません。

家で親が言いたくなっても、それは専門家に任せて我慢して下さい。

もし家で言う事が我慢できないようでしたら、拘束時間が長い塾に入れてしまって下さい。

家にいる時間がないぐらい塾にいさせれば、家で「勉強しなさい」と言う必要はなくなるでしょう。

とにかく納得がいかないなら、口に出さずに徹底的に環境作りを考えるべきです。

それくらい子どもに直接「勉強しなさい」と親が言っても意味がないということです。

色々試みて、無事勉強時間を少しでも取れるようになったら、結果を問わず大いに褒めておだてて下さい。

どんな少しの時間でも、しっかり褒めてあげて下さい。

結果ほとんどやらない事になるかも知れませんが、最悪それでも構いません。

焦って強制的にやらせることで、勉強嫌いになった方が後々大変になります。

勉強については、以下の動画をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書