日本初!勝手に勉強する子ができる塾

マスクはつけているだけで意味があるのか?

マスクをして勉強をする生徒

受験にどう役立つ?

新型コロナウイルスの影響でマスク不足になり,政府がマスクを1家庭につき2枚支給することを決定しました。

マスクはつけていればいいというものでもありませんし,どうすれば効果的かもちょっと考えればわかります。

それら日常生活で起きていることを紐解くことで,受験に関係する知識や理論が理解できるようになります。

そのことからマスクについて子ども達の中で話が出て,話しをしたのでちょっと紹介。

正しいマスクの使い方

マスクの仕組み

マスクというのは,小さな網目状の布を口や鼻を覆うように充てることで,呼吸する空気の中の花粉やらウイルスやらを除去しようというものです。

つまり,呼吸をするときは,マスクを通り抜けた空気を吸わなければ意味がないということです。

どうすればマスクの効果を高められるか

やたら浮かせた状態でつけている人を見かけますが,密着していなければ意味がありません。

「花粉99.9%ブロック」というのは,マスクを通した空気の話であって,隙間から入ってくる空気に関しては100%通り抜けてしまいます。

この辺りは子どもにもちょっと考えさせればわかることなので,気が付かせてみるといいでしょう。

どんなマスクがいい?

飛散防止という意味では,布マスクでも何でも大丈夫でしょう。

また,ウイルスがついた手で顔を防ぐ,ウイルスが顔に付着するのを防ぐという意味でも,ないよりはある方がいいでしょう。

ただ,やはりマスクとしての効果を高めるために作られたものでないと,小さな粒子は通り抜けてしまいます。

そのため,やはりなるべくならマスクとしての性能が確認されたものを使うのが一番でしょう。

マスクの再利用は?

マスク不足が叫ばれている中,マスクの再利用を考える人もいることでしょう。

しかし同じマスクを何もせずにそのまま使いまわすのはおススメしません。

コロナウイルスはエンベロープウイルスに属するため,アルコール消毒は有効とされていますので,マスクをアルコール消毒して再利用するのがいいでしょう。

ただし,それもあくまで新しいマスクがないならの話です。

もちろん布製で洗えるマスクならば,洗ってから使う方がいいでしょう。

この辺りも子ども達にちょっと考えさせればすぐに理解できることなので,考えさせてみるといいでしょう。

なお,天日干しにするという案が出ましたが,これに関してはわかりません。

確かに通常のウイルスならば天日干しで効果があることが実証されているものもありますが,今回の新型コロナウイルスにどれだけ有効かは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書