日本初!勝手に勉強する子ができる塾

算数、数学は社会に出たら使うことはない?に対する答え

タカノのチョコを並べてイラスト

使うか使わないかは教え方次第

先日保健士さんが見えて,色々と話をしたことについて妻が教えてくれました。

「一か月検診から今日までに体重が1日あたりで32g増えてるから順調だって保健士さんが言ってたけれど,ここ10日では270gしか増えてないから,やっぱり里帰りで実家にいた時の方が成長してたってことだよね。食べる量が減ってるからかな。」

よく「算数,数学なんて卒業したら使わない」とか「社会人になったら必要ない」という話は聞きますが,この保健士との話,専門用語を使っていないだけで立派な数学ですね。

数学として話すとこんな感じになります。

「一か月検診から今日までで体重の平均変化率は32gだから順調だって保健士さんがいってたけれど,ここ10日の増加量は270g,平均変化率は27gだから,やっぱり里帰りで実家にいた時の増加量が690gで,平均変化率が34.5gだから,里帰り中の時の方が成長してたってことだよね。食べる量が減ってるからかな。」

全く同じことを言っているのですが,数学用語を入れた途端に難しく感じてしまう方も多いはず。

つまり,算数,数学を使わないのではなく,専門用語を使っていないだけで,原理としては日常で使っているんですね。

このように,実はわかっていないだけで,日常的に算数,数学に接する機会は多いはず。

例えば,お釣りをなるべく少なくする硬貨の組み合わせ。

ゲームで勝つための戦略。

片付けでしまう場所,ケースの大きさ。

これらは数学用語を出さなくてもできますが,結局は算数・数学なのです。

直接算数・数学として解くことはなくても,算数・数学の原理が分かっていると,生活が楽になることもあるのです。

と子どもに言ってもわかってもらえないんですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書