日本初!勝手に勉強する子ができる塾

ノート紹介:中学受験、算数の直し

考えながらノートを取る生徒

ファイの子のノート紹介

PHIの子の直しをちょっと紹介しましょう。

蘇我の中学受験の子です。

ファイの直しのやり方

この子は算数の時間の計算で,分を時間に直すときに,わる数と割られる数を逆にして計算してしまいました。

これは割り算は大きいものから小さいものを割るという先入観からやってしまったミスです。

直しをするときに,どこで間違えたのかをしっかり記入しています

ファイの直しのやり方

こちらは面積の単位換算で,ヘクタールとアールまではわかっていたものの,平方メートルを平方センチメートルに直すときに100倍でやってしまい,間違えたミスです。

直しの時に,その部分を注目して直してあります。

よくこの単位換算を覚えさせる先生が多いのですが,

1平方メートル=10000平方センチメートル

暗記するものではありません

平方の意味がわかっていれば簡単に説明できます。

この子も確認で聞いてみると,それをちゃんと答えられていました。

下の計算問題は,答えの数字に点が入ってしまい,それを小数点と見間違えて計算してしまったミスでした。

まとめをガッツリやらなければならないと思う方も多いのですが,この子の場合,シンプルにまとめていますが,ポイントは理解できているのでこれで大丈夫なのです。

大切なのはノートを綺麗にすることではなく,頭に綺麗に入れることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書