日本初!勝手に勉強する子ができる塾

【高校受験】学校見学で見るべき場所の裏話

指でポイントを指し示す子

親と子の視点の一致

高校見学となると,親と子は別々に見ることも多くなります。そのため,親が見た視点と子どもが見た視点を一致させられるかがカギとなります。

また,高校受験となると,公立私立,さらに国立という大きな枠組みがあり,選択の幅が大きく広がります。そして学費も全然違うため,一概には言えないのですが,私立を見る場合と保護者の視点は中学入試と同じなので,

⇒ 【中学受験】学校見学に行って見るべき場所の裏話

をご参照ください。ここでは公立高校を見る視点についてお話します。

絶対受かる!

文化祭で学校の雰囲気を感じる

最近では6月に文化祭をやってしまう学校も多く,夏休みにはすでに終わっているケースもあるのですが,まだ間に合うようでしたら文化祭は見ておくべきでしょう。

もちろんただ楽しいかどうかだけで決めてしまっては,入ったあとに「こんなはずじゃなかった」となりかねません。大切なのは自分が楽しかったかどうかではなくその学校の生徒たちがどれだけ楽しんで文化祭を作り上げているか,です。文化祭の装飾にはこのあたりが顕著に出てきます。どれだけみんなで力を合わせたのかを見ることができれば,その学校の活気もある程度予測できます。

文化祭や説明会で生徒の本音を聞く!

説明会は学校の先生が主催でやることが多いのですが,在校生が話す機会を設けている場合もあります。もちろんここで話をする生徒はすでに学校側が話しても問題ないというお墨付きをもらっている生徒なので基本的にいいことしか言いませんが,文化祭部活動などで学校に来ている在校生は素直なストレートな話を聞かせてくれる場合が多いでしょう。多くの場合,自分の学校を志望している方に声をかけられるのは嬉しいものです。バンバン声をかけて本音を聞いてしまいましょう。場合によっては先輩と連絡先を交換できて,入試まで応援してくれるなんてこともあったりします。

合格実績や学校教育の成功している部分を見る

これは学校で配られる資料に入っているはずです。この資料を見ることにより,生徒たちがどのような意識で大学受験に挑んでいるのかが見て取れます。ただ注意して頂きたいのは,合格実績の良い悪いだけで高校を決めるべきではないということです。合格実績を見るのは,その学校の指定校推薦枠を見るためです。指定校推薦枠というのは,その学校の卒業生を評価して,大学側が特別に受け入れ枠を設けているものです。毎年と変わりますが,卒業生が余程の問題を起こさない限り,激変することはあまりありません。

指定校推薦というのは非常に便利な制度で,例えば公立のランクを下げたとしても,校内でトップレベルを取れるところならば,この指定校推薦枠で合格が勝ち取れるなんて事もざらにあります。高校入試の時点で大学入試を意識するのは非常に難しいのですが,そこまで見据えて高校選びをすると,結果的に戦略で大学に合格できるようになります

また,合格実績の推移も参考になります。やはり勢いというのは重要で,学校がどのような教育をしてうまくいっているのかがわかります。最も最近ではそれが合格実績だけではなく,他の部分で表れている場合もありますので,学校が力を入れていて成功している部分を見ておくのは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書