日本初!勝手に勉強する子ができる塾

合格しておくことの大切さ

青空を見上げる女の子

どうせ行かない学校の合格なんて必要ない?

そんな話をよく聞きますが,それは大学受験の話です。

大学受験をする子は,大抵高校,もしくは中学,どこかで合格をした経験を持っています。

小学校からのエスカレーターだと合格した経験と言えるものではないかも知れませんが,それでも合格しているのには違いがありません。

問題なのは初めての受験です。

中学受験での成功体験の必要性

とにかく私立に行きたい。

地元の公立中には進学したくない。

既に合格をしている子は心にゆとりがありますが,全敗中の子はそのゆとりがありません。

「~ない」というネガティブな気持ちからの受験が続きます。

こうなると,どうしても実力を発揮し辛くなります

そしてなにより,そのまま全敗した時が怖い。

「自分はダメなんだ」

という気持ちを抱いて進学することになります。

こういう可能性がある子は,どこでもいいから一つは合格しておくということが重要になります。

どんな合格でも,合格は合格

「そんなレベルの低い学校に受かっても意味ないでしょ!」

という話はよく聞きますが,どんな学校でも合格は合格です。

合格できれば,その学校が一つの指標になります。

高校受験,大学受験で意識するかも知れません。

そして何より子どもは「合格できた!」という自信につながります。

子どもにとっては,どこを合格できたかよりも,合格できたかどうかの方が重要なんですね。

そのため,合格できたということで,精神的に安定します。

合格が不要なケース

中学受験の場合,高校受験で同じ学校があるとは限りません。

最近は完全中高一貫化にしている学校も多く,そのような学校の場合は高校受験がありませんので,同じ学校を意識することはほとんどありません。

そのため,高校受験がないのであれば,指標のために合格を取っておく必要はなくなります。

また,「絶対に私立!」というこだわりがないのであれば,必ずしも合格を取っておく必要はありません

ただし,その場合は合格がなくても絶対に子どもを責めないように。

どこを合格するか,よりも,どんな合格にするかが大切

合格していれば,とりあえず子どもは喜ぶものの,親の反応次第では意味のない合格になってしまいます。

絶対にやってはいけないのは,合格した学校を否定すること

子どもがそれを聞いたら,「私はそんなダメな学校しか受からなかったんだ」という気持ちになってしまい,進学も楽しくなくなります。

もしかしたら行くことになるかも知れませんので,前向きな気持ちで合格できるようにしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書