日本初!勝手に勉強する子ができる塾

学年が違う二人が教え合う授業

ガッツポーズをする高校生

教え合う授業

今日は小6の子が「〇〇中学校の過去問をやってみたい!」と言い出したので,その過去問をやってみることに。

そこまで難しい学校ではなかったので,小5の子にも声をかけてみると,「私もやる!」と。

入試の練習としてではなく,問題集として実施する形式を取ったため,時間は測らず,一問ずつ理解していくやり方にしました。

大体できていましたが,一部間違えて直しをすることに。

小5の子は直しのやり方が整い始めてきた段階でしたが,しっかり調べて直せていました。

また,片方がわかる問題は教え合って,進めていました。

これもPHIでは普通の光景なのですが,初めての過去問というのもあったのか,いいペースで進めていました。

学年が違う二人が教え合う授業

二人とも全然わからなければ教えようと思って見ていましたが,結局最後まで全部自分たちで解決していました。

一応確認のため,一人ずつ理解を試すテストをしましたが,二人ともよくできていました。

子ども同士教え合う授業は管理が大変ですが,うまく回り出すと,どんどんいい方へ進んでいきます。

それについてはこちらに書いてあるので,ぜひご覧下さい(^^)/

 ⇒ ファイの子は教えるのがうまい。ファイでは教えられるようになって初めて本当に理解していると言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書