日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

子どものトイレットペーパーの使い方

積み上げたトイレットペーパー

蘇我の子が,筒の切断がイメージできないとのことで,身近にある筒を探していたら,トイレットペーパーの芯を見つけました。そこで,

「芯,抜いていい?」

といい出したので,筒ぐらい紙を丸めれば作れるだろうと思いつつもOKしてみました。

で,筒を抜いてみたらそれが面白かったらしく,

  • 使いやすくはないけれど,真ん中から抜くと,トイレットペーパーが転がらずに紙を出せる。
  • トイレットペーパーの芯は平行四辺形を丸めて作っている。
  • 安いトイレットペーパーの芯は径が大きい。(断面積が小さい分,量が少ない)

といったことに気付いていました。

トイレットペーパーの芯を抜いてみた

抜かせてみて初めてわかるものもあります。紙を丸めただけではここまで気付かなかったでしょう。やっぱり実際にやってみるというのは新たな発見があって面白いですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書