日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

ダメなしつけ方と習慣化させるしつけ方の違い

NGのカードを持つ女性

「静かにしなさい!」

公共の場で子供に「静かにしなさい!」と怒鳴りつけて手をあげる光景をよく見かけます。

子どもですから騒いでしまうのも仕方ないと思いますが、未就学児が騒ぐのと、小学校高学年から中学生が騒ぐのとでは訳が違います。

未就学児の場合は、まだ周りの空気を読んでどうこうという判断ができませんからね。

その時は分かったように見えても、すぐにまた騒ぎ始めます。

自分の見ている世界が全てであり、その世界には自分とその場に関わっている人物しか存在しません。

バスでも電車でも、自分と家族、自分と友達しか世界に存在しないのです。

だから騒ぐことが迷惑だとは思っていないのです。

ところがこれが小学生に上がり、高学年ぐらいになって来ると、次第に周りが見えるようになってきます。

中学生頃には、ほとんどの子が自分たち以外の人たちが見え、周りを気にするようになります

だから「公共の場では静かに」という理由も理解できるのです。

自然に学んでいるわけではない

さて、この成長。

成長と共に自然と理解していくものと思われていますが、実はこれ、自然に学んでいくものではないのです。

あくまで空気を読んで静かにすることができる、という土壌が出来ているというだけの話であって、やはり教えるきっかけや考えるきっかけがないと学ばないのです。

そのため、周りの迷惑も考えず公共の場で騒ぐ大人がいるのです。

では単純に注意すればいいかというとそうでもありません。

子どもは理由がわからなければ気付けません

その場で「静かにしなさい!」と注意したところで、なぜかわかっていないので、何度でも同じことを繰り返す。

習い事や勉強も同様で、例えば習い事のサッカーや野球では、「もっと下がれ!」という監督の怒鳴り声をよく聞きます。

しかし監督が見ている世界を子どもは見えていないため、なぜ下がるのかを理解できません。

その場はとりあえず言われた通り下がったとしても、なぜ下がればいいのかを理解していない子は、同じことを繰り返すか、機転の利かないプレーヤーになってしまうのです。

理解か命令かの差は大きい

家での生活も同様、怒られて命令されるがままにやってきたことは、基本的に身に付きません

例えば食事の後の皿洗い、弁当箱洗い、歯磨きなど。

「やりなさい!」と命令されればとりあえずやりますが、なぜやらなければならないのかを理解できないため、習慣化には至りません

急を要する場合もありますし、命令が絶対いけないわけではありませんが、『理由を考える時間』も取ってあげる必要があるということです。

「なんで騒いじゃいけないの?」
「どうしてもっと下がった方がよかったの?」
「お弁当箱、どうして洗わなきゃいけないの?」

歯磨きを面倒くさがる子どもに、虫歯菌がのた打ち回っている映像を見せてみて下さい。

「うぎゃ~!」ってなって歯磨きをし出す子は沢山います。

「虫歯になるよ!」って言われてもピンときませんが、「あなたの口の中、今こんな感じだよ。」って見せられれば「ぎゃ~!」ってなるのです。

しつけは不要?諭すのと理解も違う

一番大切なのは、結論を絶対に出さないこと

大人が

「だからこうしなければいけないんだよ」

と言ってしまったら、

「へーわかった。」

で終わりなのです。

子どもは「解決した」と思い、その先を考えようとはしません。

問題提起だけして、

「あとはどうするのか自分で考えなさい。」

と放り出されることで、

「さてどうしよう。」

と自分で考え、意識し、改善されていくのです。

これをオープンエンドクエスチョンと言います。

怒りに任せて叱りつけてしまった後でも使える方法なので、心を落ち着かせた後にぜひ実践して見て下さい。

ファイではこのような接し方のアドバイスも実施しています。

これも実際に保護者の方へアドバイスした手法の一つ。

子供との上手い接し方でお悩みならご連絡下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書