日本初!勝手に勉強する子ができる塾

子育てが楽になるつぶやき集

応援をする生徒
受験生頑張ります!

「いつまで待っても勉強しない」のではなく「いつまでたっても夢中」なのです。テレビでもゲームでも携帯でも。何かに夢中だから勉強しないのです。テレビやゲームや携帯のように、夢中になれる制限をつけてあげましたか?「勉強は一日一時間まで!」とか、「やり過ぎはよくないよ!」とか。

「子どもが新聞を読んでくれないんです。」と相談に来るご家庭は、大抵親も新聞を読んでいません。

中学受験をした方がいいかどうか。それは子どもの性格と子育ての方針によります。でも絶対にやらない方がいいパターンが1つだけあります。それは親が子どもの場合です。

「ゲームばかりして勉強しない」ってよく相談されるけれど、子どもはゲームの勉強をしているだけ。むしろ「ゲームばかりしてないで勉強しなさい!」って言うのが間違い。一生懸命勉強しているのだから。ゲームの。

子どもを旅行に連れて行くときは、親が決めてしまう方が楽だけど、画段階から一緒に参加させた方がいい。ただ連れて行くだけよりも沢山のことを考えて、沢山学べるようになる。そして発言への責任感も養える。

この時期に「今日も雨だね」というだけじゃなくて,「梅雨の季節になったね」と言うだけで子どもの感性が育ちます。天気図を見せて梅雨前線を意識させておくだけで,気象への関心や理解度が高くなっていきます。

怒られたことは記憶に残るが,褒められた記憶は残らない。これは怒られた時のストレスで長期記憶に関係するノルアドレナリンが分泌されるため。生命が生きていくための回避行動としての記憶なので,怒って育てると回避行動が性格のベースとなる。つまり嘘や言い訳の能力が高くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書