日本初!勝手に勉強する子ができる塾

中学受験生の理解度は親次第:参議院選挙って何?

国会議事堂

参議院選挙は入試で必須

参議院選挙が終わり,昨日は早速PHIでは朝から子ども達が参議院選挙の話でもちきりになりました。中学受験小学生中3受験生「今日は参議院選挙の授業でしょ?今日やらないでいつやるの?」といった感じで社会の授業を要求。特に何も指示していませんが,みんな選挙特番は見ているようで,来るなりみんなで誰がどうだったとか,何党の人が当選しただとかいう話をしていました。

そんなわけで中学受験に関わりそうな参議院選の話題について,PHIの子ども達から出た質問を基に簡単に話していこうと思います。

衆議院、参議院って何?

衆議院参議院は日本の立法機関である議院です。受験にも出る主な違いは以下の通り。

衆議院参議院
議員定数465人245人
任期4年6年
※3年ごとに半数を改選
被選挙権25歳以上30歳以上
解散ありなし
優越ありなし

ここでよくわからなくなるのは,被選挙権という言葉。「被」とは「かぶる」という漢字なので,選挙を受ける権利,つまり立候補をする権利という意味です。

3年ごとに半数を改選ってどういう意味?

今回行ったのは参議院選挙だったので,この半数の改選に当たります。半数というのは,245人の半分である124人人が改選されます。

この話をすると,子ども達からは半分じゃない!という突っ込みが来るのですが,議員定数が変わっているんですね。2004年からは242議席だったのですが,2019年,つまり今年から245議席に増やし,2022年の選挙では248議席にすることが決まっています。そのため,今回で議席数を3人増やし,次回の2022年でも3人増やして248議席に合わせることになっているのです。

そして3年ごとに半数を改選というのは,任期は6年なのですが,選挙を3年ずらして半分ずつ入れ替えるようにしているんですね。つまり,2019年(今年)の選挙で当選した人は,2025年年まで務め,2016年(3年前)の選挙で当選して今現在参議院議員になっている人が2022年(3年後)の選挙で入れ替えとなるのです。

何で3年ずらして入れ替えてるの?

政治に空白を作らないためです。衆議院は解散があるため,解散中は衆議院は不在となります。短期間とはいえ,誰一人いない期間が存在するのです。

そのため,もし参議院も全員不在になる期間が存在すると,衆議院も参議院も誰もいない,つまり国家を管理運営する人が誰もいないという事態になる可能性があるのです。そんな事態を避けるため,誰もいない期間を作らないように,あえて3年ずらしているのです。よって,衆議院が解散中,かつ参議院が改選中という場合でも,万が一の事態では参議院の残った半数が国の運営を行えるということになるのです。

なんで2つに分けているの?

衆議院国民の意見をすぐに反映しやすい議院参議院長期的視点で考える議院となっています。これは衆議院と参議院の違いにも表れており,衆議院が4年で交代するのは,短いスパンで選挙することにより,国民の意見をタイムリーに反映しやすいようにするためです。そして解散があるのも,すぐに国民に信を問う(選挙により,国民の意思を反映した人を選んでもらう)ことができるからです。

参議院はそれに対して6年という長めの期間とすることにより,すぐにコロコロと政策が変わらないようにすることを目指しています。つまり今回2019年に当選した参議院議員は,2025年までは続けることになり,途中で何かが起きても,今選ばれた人達が,今選ばれた理由や考えを基に議院を続けていくことになります。最も政党の意向でコロっと変わってしまうこともありますが…

与党と野党って何?

与党実際に政権を担う党と言われますが,これが子どもにはよくわかりません。まず大前提として,国会は多数決で法律を決めるところということを押さえておく必要があります。

つまり,多数決で勝てるだけの人数が集まれば,法律を制定できるのです。その多数決で勝てるだけの人数が集まった党を与党集まらなかった党を野党といいます。

今回の参議院選で言えば,自民党単独では過半数には満たないのですが,公明党と手を組むことで,過半数を超える人数が集まるため,自民党と公明党が与党,それ以外が野党となります。そして自民党と公明党というように複数の政党が与党になることを,連立政権といいます。

野党って何のためにいるの?

与党が政権を取ったからといっても,与党の全員が賛成するとは限りません。あくまでその地方の1議員として選ばれているため,やっぱり駄目だなと思えば反対票を投じることもあるのです。そのため,野党は与党の考える法案に対して,本当にそれでいいのか,どんな問題が起きるかといったことを考え,追及し,与党の好き勝手にさせないように,またよりよい法案になるようにしていく役割があります。

最も党内の圧力や上下関係が厳しいと個人の意見は殺されてしまうため,結局与党が強引に法案を通してしまうことができるのですが…

参議院選はどうやって投票するの?

選挙区選挙」と「比例代表選挙」という2種類の選挙で選びます。選挙へ行くと,まず選挙区の投票用紙を受け取ります。こちらに候補者の名前を書き,投票箱へ。次に比例代表の投票用紙を受け取り,党名(もしくは比例代表の候補者名)を書いて投票箱へ入れます。

この時,候補者を記入したものは,そのまま候補者の票となり,選挙区で投票された数が多い人から決められた人数までが当選となります。

比例代表の方は,政党へ投票されます。個人名を書いても,その個人が属している政党へ投票されます。そしてその投票数からドント方式で議席を配分します。そしてその政党内で個人が獲得した得票数が多い人から割り当てられた議席数分だけ当選が決まります。

特定枠って何?

特定枠というのは,通常個人の獲得した票数で順番通りに当選となりますが,特定枠という,それぞれの党が予め提出した名簿の順番通りに当選が決まる制度です。

一応これは,合区となった鳥取島根から1人では全ての都道府県から議員が選出されなくなってしまうため,予め党の方で順番を決めておくことで,確実に当選させることができるという,いわゆる当選確実ともいえる当選に最も近い枠のことを言います。

しかし実際には鳥取と島根にいる自民党員から1人しか出せないとなるとどちらにするか選べないため,どちらからも当選させることができるようにして自民党員を少しでも増やせるようにしたシステムだとも言われています。結局勝者(過半数の議席を獲得した政党)が自分たちの都合のいい法改正で選挙制度を作ることができるため,有利にはなってもあえて不利になる選挙制度は作ることはないでしょう。

ちなみに参議院選では選挙区選挙と比例代表選挙のどちらにも出馬する重複選挙はありません。よって選挙区選挙で落選したのに比例代表で当選するといった復活当選はありません。

ドント式って何?

それぞれの党が獲得した投票数を÷1,÷2,÷3,÷4,÷5…とした数を書き並べ,数字が大きい順に定数分だけ議席を党に割り振る方式です。

例えば議員定数を6人として考えた場合,以下のようになります。

A党B党C党D党
得票数150905040
÷1150905040
÷275452520
÷3503016.613.3
獲得議席数3人2人1人0人

安倍晋三内閣総理大臣は選挙に出てないの?

安倍総理衆議院議員です。そのため出ていません。ちなみに参議院議員からも総理大臣になれます。

総理大臣は選挙に落選することはないの?

総理大臣でも落選することはあります。しかし一般的には総理大臣になるためにはまず衆議院議員か参議院議員になり,さらに与党党内選挙で党首とならなければ総理大臣になれないため,選挙で国民から選ばれないような人が総理大臣になることはまずありません。落選するとすれば,在任期間中に国民の怒りを買うような政策をした人ということになるでしょう。

投票率が低いと何が問題なの?

今回の参議院選挙は48.80%の投票率となり,投票率の低さが話題となりました。50%を下回ったのは24年ぶりとのことです。

投票率が低いと国民の一部の人間の意見でのみ選ばれた代表ということになります。そして投票するのが高齢者ばかりで若者が投票しないと,政治家は票を稼ぐために高齢者が投票してくれそうな政策を打ち出します。そうなると票になりにくい若者のための政策が行われなくなってしまうのです。

投票率が低いのは何が問題なのかというのは入試でも問われるため,ちょっと話題にして考えさせててあげるといいでしょう。

社会楽しい!

選挙の仕組みは複雑でわかりにくいとは思いますが,そのわかりにくさが今の大人たちのよくわからないから投票へ行かないという現状を作り,参加しないから子ども達もよくわからないという悪循環に陥っています。世界中どこを見ても日本ほど政治に関心がない国はないとも言われ,政治家がいなくても国が回る自動運転の国などとも言われています。

そして入試ではみなが苦手としているからこそ狙われます政治を理解できる一部の人間だけが政治に参加し,自分たちの都合のいい仕組みを作り上げていきます。その政治を理解できる側にするか,できない側のままにしてしまうかは,ある意味親として政治にどれだけ関心があり,子どもとどれだけ話してあげられるかにかかっているのです。ちなみに塾でも政治の話をしてくれる先生はいますが,テキストに沿った政治の授業は体系化されていて美しいのですが,子どもの興味があるのはもっと別なところということは良くあることです。PHIの子はPHIの社会の授業が学校や他の塾よりも断然楽しいと言ってくれますが,それはこの授業のように全く教科書を使っていないからです。もしよかったら他の授業の様子もご覧になってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書