日本初!勝手に勉強する子ができる塾

swimavaを使ったときに見える成長、スイマーバレビュー

swimava

swimavaとは

Swimava スイマーバ ビタット付 モノトーンペンギン

0才から始める、うきわ型スポーツ知育用具
首リングは赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズすることを目的に開発された、うきわ型スポーツ知育用具。首にうきわを付けることで、水の中での手足の動きを妨げることなく、自由な動きをサポート。赤ちゃんがぷかぷかスイスイ泳ぐ姿はとっても可愛らしく、さまざまな効果も期待されます。

swimaba公式HP

要するに腰ではなく,首にはめて浮く浮き輪です。

首にはめて大丈夫なのかと思いましたが,あごと後頭部で支えているので割と安定感があります。

そして想像以上に楽しそうに遊ぶ(笑)

何より親が見てて可愛いし楽しい(*´▽`*)

と言っていてるだけでは教育者目線ではないので,成長の様子を書き記しておこうと思います。

swimavaを通して見えた成長

初めての時は手足を縮めてじっとして動かなかった。
沐浴から湯船に移った最初から使ってみたので,そもそも湯船に慣れていなかったという可能性も。

2回目から足を少し動かすようになった。
単純にお湯の中の浮遊感に慣れてきたからか。

3回目から手もちょっと広げてみるようになった。
お湯にも慣れて来たらしく,お風呂で泣くことはほとんどない。

5回目からは,次第に手足の動きが大きく,早くなっていった。最初はバタつかせているだけだったが,体勢を考えるようになったらしく,じっとして足が下に沈むのを待って,バスタブに足がついたら蹴るようになった。

10回くらい数を重ねると,蹴る方向を学んできたらしく,人に足が触れると蹴らなくなってきた。人の足に触れたときに蹴ると,離れてしまうからだと考えて蹴らなくなったとしたら嬉しいけど,多分過大評価(笑)でも,最初の頃はあっちこっちクルクルと周りながら動いてしまっていたけれど,手足を動かしても親が見える向きよりも回ることがなくなってきた。

15回くらいになると,足を平泳ぎのように両足そろえて蹴り出すことで,バランスを取る様子が見られた。回るのも片足ずつ動かして調整しているような様子も。後ろを向いてもくるりと回ってきた。余裕が出てきたのか,浮き輪で浮かびながらニコニコ笑うように。また,どうやら楽しいという感覚が芽生えてきたのか,浮き輪を外そうとすると泣きそうになり,そのまま継続させると泣き止む様子も。

レビュー

最初はただの浮き輪で,インスタ映えするだけかと思っていましたが,成長の様子がハッキリと見えて面白いですね(*´ω`*)

水の中は通常時と勝手が違うため,動きに意思が感じられます。

まぁ恐らく親ばかフィルターありの感覚ですが(笑)

また,苦しいかとも思いましたが,特に嫌がる様子はなし。
今のところスイマーバがイヤで泣いたことはありません。

一度大きく動いたときに,波だって浮き輪が大きく揺れて,浮き輪から外れて落ちたと思って慌てて手を出して救い上げた時に,さらに大きな波が立って,もろに顔にお湯がかかって,ビックリして泣かれた(^^;

実際には大きく揺れただけで,外れていませんでした。

それ以降トラウマになったらどうしようと思いましたが,翌日はまたご機嫌で泳いでいました(笑)

ちょっとずつ泳ぎ方が分かっていく様子に成長を感じられて,赤ちゃんなりに考えている様子が分かって楽しいですよ(^^)/

Swimava スイマーバ フラミンゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書