日本初!勝手に勉強する子ができる塾

中学受験の知識で説明できる「台風が来ると暑くなるのはなぜ?」

台風

日常の現象は入試で使える

子どもは割と天気気象に敏感で,知識はなくても,雨だ風だとしょっちゅう天気の様子を話題にします。この日も「何で突然こんなに蒸し暑くなったの?」とい言い出しました。しかしこれは改めて教えなくても中学受験の知識で説明できるんですね。そして台風との位置関係が分かれば今後の天気もある程度説明できてしまいます。今日はPHI蘇我教室中学受験の子どもが聞いてきた疑問に対して行った授業を紹介致します。

まず最低限必要な知識として,台風の周りの風が吹く方向。これは衛星写真の雲の動きと一緒(正確には衛星写真の雲の動きは,上空で台風から噴き出したもの)なので,イメージしやすいと思いますが,左回りで吸い込んでいきます。

以上。たったこれだけわかっていれば後は常識的な内容で説明できてしまいます。今回の台風は現時点では九州の左側に位置していました。そのため,日本地図を書かせ,台風の位置を書かせました。

台風の位置で気象が予測できる

そしてその台風の周りの風(左回り)を矢印で書き込ませました。実は台風の位置をタブレットで調べさせた時に,風向きを見てしまうというトラブルがありましたが,まぁ確認したところわかってはいたようなので大丈夫でしょう。

準備はこれだけです。ここまで書かせれば,後はなぜ暖かくなるかが説明できるはずです。PHI中学受験生にも同様の手順でヒントを与えましたが,この後は自分たちで説明していました。答えは「左回りの風が,暖かい南の風を巻き込んでくるから」です。

さらにもう一歩踏み込んで,今後の天気がどうなるかを考えさせてみました。子ども達の予想は「気温が上昇していく。理由は,台風は北東へ進み,中国地方の北側,さらに日本列島に北側へ行く。すると関東地方には南からの風がより流れてくることになり,暑くなる」というもの。また「南からの風は海を渡ってくるため,湿度が高めになる」というものでした。

実際の天気は想定よりも台風の位置が北にあることと,北東に低気圧があることを考慮していないため,天気予報では若干のずれがありそうですが,概ね正解と言っていいでしょう。

これだけ説明していますが,実はこの子達,天気の授業は1~2回程度しかやっていません。問題演習も2回程度。しかも最後にやったのは3か月以上前。それでもこれだけ説明できていしまうのは,暗記していないからです。子ども達が以前気象に興味を持ったタイミングで話した知識が頭に残っていて,それを組み合わせて説明しているのです。興味を持ったものだけ勉強すればバランスは崩れますが,丸暗記とは違い,次々とところてん式に忘れてしまうということもありません。子ども達からしても,自分が疑問に思ったことが解決されていくに過ぎないので,勉強という感覚が薄いから頭に残りやすいのです。保護者がついて何度教えてもできるようにならない!覚えられない!という方,PHIで子どもにあった勉強のやり方へ変えてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書