日本初!勝手に勉強する子ができる塾

百人一首はどうやって覚ればいいの?楽しい勉強法は?

百人一首

百人一首ってどうやって覚えればいいの?

PHIでは学校の宿題の実施状況も見ていますが,毎年必ず出る質問がこれ。

お正月と言えば百人一首。
中学校では百人一首を覚えてくる宿題を出している学校が多いようですね。

ところがこの百人一首,子ども達には不人気で,覚えろと言われても覚えられない子もしばしば(^^;)

中には学校が始まったらチェックテストを課す学校もあり,必死にぶつぶつつぶやいて覚える子も。

まぁ,日本の文化ですから,テストに出る出ないに関わらず覚えておきたいところですね。

そこで今日は百人一首の覚え方について。

百人一首は家族行事の一環

やはり家族で百人一首をやるに限ります(笑)

覚えている子と覚えていない子では圧倒的に差が出てしまうため,百人一首を知っている大人と知らない子どもでは全く勝負にならないことも。

そういう時にはうまく演出してあげて欲しいものですが,とりあえずやっておけばいくつかは覚えられるものです。

百首覚えるとなると最後は覚える努力が必要になりますが,何回もやるだけで半分以上は覚えられます。

百人一首を覚えることの意味

百人一首をある程度覚えていると,和歌がある程度できるようになるのです。

和歌は必ず出てきますからね。

この単元に入った時に,百人一首を知っている子と知っていない子でスタートから大きな隔たりができます。

もちろんテストのためならもっと別の覚え方が必要とりますが,冬休みの宿題としての百人一首なら,やはり家族でやるに限ります。

もちろん早ければ早いに越したことはありません。
幼稚園からでも全然構わないのです。
「歌」ですから。

そして親ができる必要もありません
勉強するのは子どもですから(笑)

どうやってやれば効率がいい?

勝負形式でやるのであれば,通常のカルタと同じように,百人一首を読み上げてもらっていくのがいいでしょう。

この場合,今までは百人一首を読み上げる人が必要でしたが,今はネットでシャッフルして読み上げてくれるので,それを使えばいいでしょう。
読み上げてくれれば一人でも練習できますからね。

 ⇒ YouTube百人一首 ※シャッフル再生して下さい。

とにかく覚えたいと言う場合も,百人一首を聞くのが効果的。自分でも発音した方がいいのですが,百人一首に関しては一応「歌」なので,聞き流すだけでも効果的です。

百人一首つまらない

百人一首の面白さは,じっくりと背景から読み解いていかないとわかりません。教科書のちょろっとした解説程度では理解できないのです。

そこでオススメなのが,百人一首を楽しく解説してくれている本。

小中学校程度の百人一首に専門性など必要ありません。
ただ楽しければいい。
「歌」ですから(笑)

そんなわけで,様々な百人一首に関する本を,PHIで実際に子ども達の前に置いておき,興味を持っていたものを調べた結果,以下の3つが人気に。

個人的には一番右側「眠れないほどおもしろい百人一首」が面白かった(笑)

ただ文字が多いので,小学生には真ん中の「まんがで楽しく覚える百人一首」が人気でした。

なお,百人一首大会で優勝,もしくは上位に食い込む子は,やはり小さい頃から百人一首に触れている子ばかりです。

日本の和の文化ですから,時間に追われる受験生も,そうでない子も,ぜひ百人一首はみなさんでやって見て下さいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書