日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

親子で話題にして欲しい、中学受験に役立つおすすめの映画・ドラマ

中学受験に役立つ歴史映画

はじめに

お母さん

「映画で中学受験の勉強なんてできるんですか?」

できます。

正確には、中学受験の問題の本質に関わる部分を考えるきっかけになる、といったところです。

なので、映画やドラマを見たから成績が上がるわけでも、合格できるわけでもありません。

例えば、難関中に出題される国語の題材の傾向として、生命に関するテーマが多いという特徴があります。

また、中高一貫の適性検査では、社会問題に関するテーマが多く取り上げられています。

それらは日々読書をしている子なら大した問題ではないでしょう。

しかし、現実問題として、中学受験の塾に通っていて、読書の時間もしっかり取れている子はごくわずかです。

それでも点を取れてしまう子は、一体どこから学んでいるのでしょうか。

その一つが、親子の会話なのです。

つまり、日々の親子の会話で中学受験に通じるテーマについて話している子は、問題を受け入れやすくなるため、読書量が少なくてもカバーできてしまうのです。

この映画・ドラマ紹介では、そういったテーマに触れやすいものを紹介しておきます。

なお、ファイは受験勉強なんてさせるものじゃない、と考えている塾です。

よって選定基準は、親子で話しておいて欲しい社会人としての考え方が含まれているかどうか、に寄せています。

受験のためとして見るのではなく、人として成長する上で考えて欲しいことを話すきっかけにして頂けると幸いです。

禁止事項

親子で話題にすることを前提としています。
勉強の一環として子どもだけに見せるようなことはしないで下さい。
映画やドラマがつまらないものになってしまいます。

介護

博士と彼女のセオリー

主なテーマ
  • 介護と愛
  • 障碍者

切替先生

実在したスティーブン・ホーキング博士をモデルとした映画です。

彼は21歳で難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、余命2年を宣告されるものの、76歳まで生きた理論物理学者です。

その闘病生活と、妻による介護の難しさがテーマになっています。

なお、これは映画なので、事実に基づいているとはいえ、脚色はあるでしょう。

でも現実はどうだったかはテーマに関係ありませんので、細かいことは気にせず、家族による介護の大変さについて話せればいいでしょう。

学習法診断バナー
ファイの指導実績のバナー

限定動画の無料配信
オリジナル教材の無料配布
を行っています。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書