日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

これから中学生になる子が意識しておくべき内申点

通知表

内申点の重要性と意味

お母さん

無事中学受験も終わり、ほっとしております。ありがとうございました。さて、中学に進学すると内申点というのが出てくると思いますが、あれは私立中学へ進学しても必要なのでしょうか。姉の方は公立中からの高校受験だったので内申点を意識していましたが、私立で大学までエスカレーターなので、内申点はそこまで気にしなくてもいいのかと思っています。下の子はご存知の通り、ちょっと先生うけが良くないタイプなので心配です。

内申点の重要性

今の親世代と内申点の付け方は変わってきたとはいえ、制度自体は大きく変わっていません。

いわゆる通知表の点数です。

5段階評価の学校でも、基本的には100点満点で算出し、それを5段階へ当てはめていきます。

中学生になると内申点を気にする人も多くなる事でしょう。

高校併設の私立中学に進学する子は外部進学しない限り関係ありませんが、高校入試をする子の場合はとても重要な要素となってきます。

高校入試において内申点が入試にどれほど影響があるかは都道府県によって様々です。

内申点を重視して入学者を決める所もあれば、内心はそれほど重視せず、本番の点数をメインに決める学校もあります。

一概には言えませんが、レベルの高い学校は点数重視と思っておいて間違いありません。

内申点の使い方

レベルの高い学校は点数重視だから内申は関係ない、わけでもありません。

やはり点数重視とはいえ内申は学校生活の様子を見るひとつの重要な指標となるためです。

例えばどれだけ学力が高い子でも、成績表に1がついている子は高校側は取りたいと思うでしょうか?

普通は1がついているという事は、学校生活においては何かしらの問題があると考えます。

もしそのような子の入学を許可したら、はたして学校はどうなるか…

と考えれば普通は合格させることをためらうでしょう。

逆に考えれば、学力はそれほど高くなくても、内申点で5を取ってる子はいかがでしょうか?

学力に難はあっても、生活態度は非常に優秀と考えられるでしょう。

もっとも学力に難がある以上、なかなか5は取れないのが現実ではありますが、その子の学校生活を表す指標として参考になるのです。

中高一貫に通う子は関係ない?

中高一貫の場合、成績の付け方は学校の方針次第で決まります。

例えば、大学受験を重視している学校の場合、定期テストの点数が大きく影響してきます。

進学校では授業態度や提出物というのはさほど重要視されません。

ということは、内申点が低いという事は、大学進学も危ういことを意味します。

そして大抵の場合、中学校での学校内での立ち位置が、高校に進学して好転することはあまりありません。

特に高校からの入学者を受け入れている学校ではその傾向が顕著になります。

もし進学重視の学校に通うのであれば、やはり内申点は定期テストの成績同様、気にした方がいいでしょう。

大学への内部進学や推薦をメインとしている学校では、点数と授業態度の割合が同じくらいでつけられます。

やはり推薦で合格させるということは、進学先で素行がいい子を薦めたいものですからね。

そのため、提出物や授業態度を頑張っていると、そこまで困らずに進学できるケースが多くあります。

いずれにしても、中高一貫に進学したから内申点が関係ないというものでもありません。

学校の目指しているものをしっかりと把握し、それに合わせた対策は取っておくべきでしょう。

公立中でも私立中でも内申点は重要!
公立中なら、高校進学の際に点数化して使われる。
私立中なら、大学受験の指標になる。推薦や内部進学なら大学進学の際に使われる。

内申点はほぼ親の成績表

内申点の根本的な穴

点数を重視している学校なら点数を取れば内申点も上がります。

しかし内申点の割合が0という学校は稀ですから、多少なりとも内申点の上げ方は意識しておいた方がいいでしょう。

特に親の影響で内申点が決まる部分については、子ども任せではなく、親も生活を意識してあげたいところです。

まずはどうやったら内申点が上がるのか、考えてみましょう。

平たく言うと、「学校の先生にとっていい子」であるようにしていればいいのです。

あえてうがった言い方をすれば、「先生にとって都合のいい子」になればいいのです。

これに反感を持つ人も多いようですが、社会で生きるとはそういうことです。

授業はよく聞いていて、おしゃべりもなし。

提出物、宿題も完璧、テストも毎回ほぼ満点で遅刻欠席もなし。

この生徒が学校外、先生の知らないところではヤンキーだったとして、成績は1がつくと思いますか?

実際にいたんですよ、そういう子が。

まぁヤンキーとはいっても、ガチのヤンキーではなく、ヤンキーぶっているといった感じでしたけどね。

進学校の女の子ですけど。

プライベートではすっかり変身してしまって、優等生の面影もない(笑)

でも学校では優等生なんですよね。

当然と言えば当然です。

学校生活では問題ないのですから。

結局学校の先生は、学校内で自分にとって都合のいい生徒なら悪い成績をつけないのです。

これ、とても重要なことなので、よく心に留めておいて下さい。

どれだけ綺麗ごとを並べようと、結局は忖度力です。

内申点の付け方

内申点の判断基準はハッキリと統一されたものはありません。

もちろんある程度のガイドラインはありますが、細かい部分は先生の裁量に任されています。

つまり点数重視の先生なら、しっかりと点数を取るようにし、授業態度、提出物重視の先生ならそこをしっかり押さえる。

先生が重視しているところに重点を置いて失点しないようにすれば比較的簡単に成績は上げられるのです。

多くの先生が一般的に重視しているのは以下の点です。

内申点で加味されるもの
  • 定期テストの点数
  • 授業態度、出席日数
  • ノート提出、ワークの実施状況
  • 宿題などの提出状況、中身の質
  • その他、やる気や意気込みなど

これはあくまで一般的な内申の判断基準なので、学校の先生が重点を置いているポイントをしっかりと押さえるようにして下さい。

基本的には減点法

先生は基本的に子どもの評価を悪くつけません。

子どもが好きで、子どもの能力を見出したい、見出す力がある方が先生をやっているため、初見から悪い評価をする教育者は滅多にいないのです。

つまり、内申点としての評価は最初から全員100点。

そこから何かしらの要素で減点されていってしまいます

その失点の原因で圧倒的に多いのは、

内申点でよく減点される要素
  • テストの点数
  • 授業態度や出席状況
  • 宿題や提出物の未提出

です。

点数は勉強するしかありませんが、授業態度や宿題、提出物などは学力に関係なく努力と演技ですぐさまカバーできるはずです。

思い通りの内申点が取れない。
内申点を上げておきたい。

そう思ったら、まず先生はどの部分で減点しているのか、を冷静に考えて見て下さい。

あまりにも納得がいかなければ、直接先生に聞いてみるのも手です。

遠慮してしまって聞かない人が多いのですが、損ですよ。

聞いた方が先生への抑止力にもなりますし、具体的な目標ができるほうが、子どもも努力しやすくなります。

親としてできる内申点対策

内申点がどのようにつけられるかがわかってしまえば、親としてできる内申点対策も簡単です。

忖度できる子にする!

これに尽きます。

演技かどうかなんて関係ありません。

先生にとって都合のいい子に見せることができるかどうか。

これにかかっているのです。

「そんなことさせたくない!」

と思うならやらせなくても構いません。

それはそれで、一つの教育方針です。

点数で内申点が決まる学校なら忖度もあまり関係ないでしょう。

ただ、「内申点を上げたい」「上がらない」と中学生になってから嘆く保護者の方が多いんですよね。

なら、それに見合う努力を親としてしろよ、と
いう話です。

綺麗ごとだけ言っていても上げられません。

とはいっても、えげつない方法を使えと言っている訳ではありません。

「こうすれば大人や先生は喜ぶ」

というのを実感させてあげるだけです。

口で言うのではなく、実感させていくことで、子どもは自然と理解していきます。

つまり、親や大人が喜ぶ行動をしたときに、大げさなくらい褒めまくる

ただこれだけです。

こうすることで、子どもは大人が喜ぶ、満足する行動を察するようになり、その力がそのまま内申点を上げるためにはどうするか考える力につながってくるのです。

これは中学校に上がる前の時期の過ごし方でほぼ決まると言っても過言ではありませんから、意識して生活するようにして下さい。

内申点について興味があるようでしたら、以下の記事もご覧下さい。

実際に学校でも教えているからこそわかる裏話を紹介します。

通知表

内申点を上げる裏技

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書