日本初!勝手に勉強する子ができる塾

伸びる子を育てる部屋とは?

机で勉強中の子ども

個室で勉強しない

結局はどう過ごすか,なので部屋だけで伸びる子が育つわけではありませんが,伸びる子が育ちやすい部屋には傾向があることも確かです。どういう部屋の子が伸びやすいのかご紹介しましょう。

特に鍵のかかる部屋はよくありません。中で何をやっているかわかりませんからね。信じる信じないではなく,まだ子供なんです。親としての監督責任を優先させましょう。

もし個室を使うのであれば,カギはかけないのはもちろん,基本的にドアは開放しておくルールにしましょう。エアコンがもったいないと思うかも知れませんが,その際はエアコン代か子どもの学力か,選びましょう。

なお少年犯罪の統計では,「個室+鍵」が断然多いという結果が出ています。要するに,親が部屋での様子を見られるということは,それだけで大きな抑止力になっているということです。

勉強のみのスペースがある

家のつくりによっては現実的に難しいかもしれませんが,工夫次第で可能なはずです。要するに手の届く範囲,視界に入る範囲に勉強に関係ないものがなければいいのです。完全に覆う必要はありません。そのスペースでは勉強以外にすることがなければいいのです。

例えばこんなのでも構いません。

amazonから適当に検索して見つけた机ですが,こんなハンドメイドみたいな小さな机でも,条件さえ満たしていれば構わないのです。広さとか収納だとか,そんなものは一切不要なのです。

ちなみに広さはA4サイズのノートとテキストが広げて置ければ十分。つまり横幅は60cm,奥行は40cm程度あれば十分です。広ければいいというものでもありません。この机の上には物を置かないようにし,壁際や折り畳みなら廊下でも構わないので視界が遮られるところに設置勉強に必要なものだけを持ってそこで勉強すればいいのです。

大切なのは机や椅子ではない!

もちろん机や椅子も大切な要素ではありますが,どんなに機能的な机,どんなにいい椅子であっても,散らかっていたり,埋もれていて使えなかったりすれば全く意味がありません。本当に大切なのは,勉強しようと思った時に勉強をすぐに始められる環境。そういう意味では何も置かないこと。何も収納しないことの方が重要なのです。これができる人に初めて机や椅子の機能が活きてきます。今本当に大切なのは何なのか,何を優先して勉強空間を作り上げるべきなのか,よく考えましょう。

趣味は家族との共有スペースに

趣味は勉強スペースとは別の場所にまとめておきましょう。リビングで勉強しているのであれば,部屋にしまっておくのもいいでしょう。勉強を部屋でするなら,リビングに持ってきてしまいましょう。勉強とそれ以外の時間を空間で分けることにより,子どもはメリハリをつけられるようになります。つまり,勉強部屋にテレビやパソコンなんていうのはもっての外なのです。そういう中毒性の高いものは親の目の届くところにのみ置いておきましょう。

家族でテレビやゲーム,パソコンの断線式をやる家庭が見られますが,中毒を断ち切るという意味ではありです。しかし,受験はゴールではありません。断線して離れても,終わったら戻るんだ!と思っているようでは受験後の反動が大きくなります。受験で大切なのは,合格することだけではないはずです。

家族で会話が出やすい環境がある

受験というのは孤独な戦いです。しかし,だからといって1人でいる時間を与えるのがいい訳ではないのです。やはり家族との時間は大切。そしてそこで学ぶことも受験勉強以上に大切。くだらない雑談だっていいんです。話せる環境を整えてあげましょう。

具体的にはテレビは家族で楽しめるものを見る。趣味をリビングに持ってくるのもそのためです。勉強の合間に少しでも共有する時間を取れればいいのです。少なくとも引きこもり状態にはしないように。

騒音が少ない

騒音とは言っても,集中力を妨げるもの全般です。親兄弟の叫び声,近所の音,家族のテレビの音,大きな足音などの生活音や選挙カーなどの放送も騒音です。勉強している最中にむやみに話しかけたり,うろうろするのも騒音です。ここはさすがに家族で協力してあげましょう。とはいえ,これがまだ静かにするということを理解できない程小さい子供ですと楽しくてしょうがないので静かにすること自体が難しいと思いますが,そういう場合は以前紹介したノイズキャンセリングヘッドホンという便利なアイテムがあります。そういう文明の利器を使ってもいいでしょう。

 ⇒ ノイズキャンセリングヘッドホンは効果ある?

集中できる場所を見つける

最後の手段としては,どこでもいいので集中できる場所を見つけることです。集中さえできれば玄関でもベランダでもどこでもいいのです。折り畳み机ならどこでも移動できるので,あちこち移動しながら集中できる場所を探すのもいいでしょう。ただし,トイレは鍵がかけられてしまうので,そういう密室になる場所は不可です。

それでも見つけられなければ?

もし最悪自宅に見出せないのであれば,図書館なりなりに見つけましょう。できれば家で見つけられるのが一番いいのですが,ないのであればしょうがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書