日本初!勝手に勉強する子ができる塾

子どもを賢くするクリスマスの話題

クリスマスにサンタの格好をする女の子

クリスマスは子ども達が積極的に学ぶチャンス!

星座の形にシールを貼った

この写真は子供たちにクリスマスプレゼントとしてあげた星のインテリア。ちゃんと星座を模して貼ってくれました(^^)

写真では見にくくなってしまっていますが,位置関係とかとても完成度高いですよ!

さて,そろそろメリークリスマスですね。
今回は勉強にも使えるクリスマスのお話を致しましょう。

サーフィンをするサンタクロース

まずクリスマスといえばサンタクロース。

このサンタクロース,日本ではソリに乗ってくる事になっていますが,そのイメージが合わない地域があります。

サンタクロースの衣装を着てサーフィンするような地域です。
さてどこでしょう?

答えはオーストラリアニュージーランドなどの南半球に位置する国々,そして赤道付近に位置するハワイなどの常夏の地域です。

オーストラリアやニュージーランドなど,南半球の国々は日本と季節が逆なんですね。

サンタクロースは元々ヨーロッパ発祥と言われています。
そのため,南半球や常夏の国々でも,基本的にはあの赤いモコモコした服装が主流。

しかし,やっぱり暑いので,夏スタイルのサンタクロースの格好もあるようです。
ハワイではアロハシャツバージョンもありますし(笑)

また,日本ではツリーには雪が積もっているのが一般的ですが,南半球や常夏の国々のツリーには雪が積もっていないのです。

テストで使えるものとしてはこの知識があれば十分でしょう。
たったこれだけでも,理科の天体や社会の地理との関連知識の1つになりますので,大きく役立ちますよ(^^)/

ここから先はテストで使わない知識ですが,子どもによく聞かれることをお話しましょう。

サンタクロースの起源は?

サンタクロースの起源とされるのは,ニコラウス,もしくはニコライと呼ばれる人で,地域によって発音が異なります。

彼が貧しい人々に金貨を配って歩いたのがきっかけだと言われています。

その時,金貨を暖炉に干してあった靴下に入れていたので,プレゼントは靴下に入れる習慣が出来たそうです。

煙突から入ったと言うのは,フィンランドの伝承の中に,煙突から入ったと言う詩があったためとされています。

クリスマスの日については,実は宗派によって違うこともあります。

日本ではプレゼントを上げるのが12月25日となっていますが,キリスト教の宗派によっては,12月25日はお祈りをする日で,プレゼントをあげるのは別の日にしていることもあります。

また,12月25日はイエスキリストの誕生日として認知度が高いのですが,キリスト教としては誕生日よりも復活祭(イースター)の方が重要な位置付けとなっています。そのためクリスマスのイベントを行わないキリスト教の宗派もあるのです。

誕生日という事に関しては,暦が昔と変わったため,日付に合わせるか旧暦に合わせるかなどによっても解釈が異なり,様々な日が挙げれています。

ちなみに日本にクリスマスが定着したのは大正天皇の崩御がきっかけとされています。
それまでもクリスマス商戦などあったそうですが,そこまで定着していませんでした。
ところが大正天皇が12月25日に亡くなって,その日が祝日となったので,クリスマスは休日のイベントとして日本でどんどん広まっていったのです。

テストには出ませんが,経済と関係する部分でもあるため,機会があったらお茶の間の話題にでもして,子どもの興味を引き出すきっかけにしてみて下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書