日本初!勝手に勉強する子ができる塾

失敗しない、中学生、高校生にオススメの電子辞書

シャープの電子辞書
シャープの電子辞書

電子辞書の準備は必要?

これから中学校へ上がる準備、高校へ上がる準備として電子辞書を用意する方も多いでしょう。

しかしいざ電子辞書を買おうとすると種類が多くてどれを選ぶべきか迷いますね。

そこで今回は電子辞書の選び方のお話を致しましょう。

まずそもそも電子辞書が必要なのかどうかについてですが、電子辞書があった方がいいのは間違いありません

その理由は以下の通りです。

電子辞書は持っていた方がいい理由

まず以下の点について考えてみて下さい。

  • 学校で英語の発音記号を教えてくれない
  • 発音記号は読めても、正しい発音が出来ない
  • 紙の辞書では所持できる種類が少なく、中身が物足りない
  • 紙の辞書ではかさばるので持ち歩けない。
  • 調べる以外の便利機能を使いたい。
  • スマホで調べると他のアプリの誘惑に負ける

この中から3つ以上当てはまるなら、電子辞書の方が使い勝手がいいでしょう。

もちろん紙の辞書には紙の辞書ならではのメリットがありますが、ここでは割愛。

※学校の先生によっては電子辞書反対派の方もいらっしゃいますので、学校に持っていく場合は学校の先生の指示をよく聞いて下さい。

開いた英和辞典
開いた英和辞典

中学生が高校生用を使っても大丈夫?

次に電子辞書には中学生用と高校生用があります。

中学生は中学生用、高校生は高校生用を購入することと思いますが、どうせなら高校生になって買い直さなくても大丈夫なように高校生用を買っておくべきかと考える方も多いはず。

結論から言いますと、調べるだけなら中学生が高校生用を使用しても問題ありません

なぜなら入っている辞書自体は中学生用も高校生用も大して変わらないためです。

こっちには入っている辞典があって、こっちには入ってない辞典があるといって比較する人もいるのですが、現実的に多用する辞書は国語辞典と英和辞典ですから、辞書の差は気にする必要はありません

ファイではみんな様々な電子辞書を使っていますが、自分の辞書には載っていないといったケースは稀で、授業中に出てきたマニアックな専門用語や最新用語ぐらいです。

メジャーな電子辞書ならば教科書や入試レベルで載ってない用語があるなんてことはまずありません。

アプリの違いは?

唯一大きな違いがあるのがアプリです。

特に英検アプリ単語帳アプリ検定などの対策アプリは中学生用なら中学生のレベルに合わせた内容に特化しており、高校生用には高校生のレベルに合わせた内容に特化している傾向があります。

また、機種によっては搭載されていないものもあります。
電子辞書を使い倒すことを考えるのであれば、これらの機能は選ぶときの基準になるでしょう。

しかし現実的には通学途中に電車内やバスで勉強したり、休み時間にちょろっと勉強したりする時に使う以外、ほとんど使う機会がありません

机に向かってガッツリ勉強することを考えるのであれば、アプリをやるよりも問題集を解いたりまとめたりする方が効率がいいためです。

やはりノート、問題集、参考書での勉強がアプリに勝ります。

よって細切れの時間を有効活用することを考えるのであれば、中学生は中学生用、高校生は高校生用の方が使い勝手がいいでしょう。

オススメの電子辞書は?

何でもいいのですが、安物を手にしてしまうと機能が足りないこともあるので、メジャーなものを紹介しておきましょう。

  • カシオ エクスワード (CASIO EX-word)
  • シャープ ブレーン (SHARP Brain)

の2つで、実はファイの生徒もこの二者択一です。

これも好みで分かれると思いますが、シャープは可愛らしく、カシオはスタイリッシュな印象を受けます。

そのためか、ファイの子にはシャープのブレーン(SHARP Brain)が人気ですね。

また、アプリの種類もシャープの方が充実しています。

SHARP Brain PW-AJ2 中学生モデル

SHARP Brain PW-AJ2 中学生モデル

360°くるっと回転してタブレットの様にも使えます。スマホと同じ充電方法なので、出先で充電不足になってもモバイルバッテリーで充電できます。学習のためのアプリが充実。手書き入力、書き込みもできます。英語に力をいれたアプリが多く、辞書が充実しています。

CASIO XD-SX3800 小中学生モデル

CASIO XD-SX3800 小中学生モデル

小学生の内容も充実しているため、小学生から中学生まで使えます。中学生には不要と思われるかも知れませんが、知識系は小学生のものがある方がより深く学べます。アプリはありませんが、週録辞書やテキストの数は多く、語句の数で困ることはありません。また、日本文学や世界の文学、クラシックといったものも多数そろえています。手書き入力もできます。

本当に大切なのは電子辞書ではない

最後に学習法指導者として一言添えておきますが、どの辞書を選ぶかで学力が決まるわけではありません

どう使うかが重要ですし、使える学力(学ぶ力)があるかも重要なのです。

ハッキリ言えば、使う(調べる)技術と学力(学ぶ力)レベルが伴っていなければ振り回されるだけなのです。

ここまで話しておいて何ですが、電子辞書なんてメジャーなものから対象年齢と見た目で選んでおけば何でもいいのです。

それで物足りなくなったら新たに買い直せばいいだけですし、物足りなくならないのであればそのまま使い続ければいいだけ。

何度も買い直すお金がないということでしたら高校生用を使わせておいても問題ありません。
もしくは高校生で必要になるなら自分で買わせればいいのです。
もう義務教育でもありませんし、自分が勉強したいなら自分で買うでしょう。

大切なのは何を使って勉強するかではなく、どうやって勉強するかだということを忘れないで下さい。

調べるだけではなく、まとめる力も大切!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書