日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

ひな祭りってなに?オンライン授業で話題になった、冠位十二階や豊臣秀吉といった中学受験に役立つ小ネタ

中学受験に役立つひな祭りのネタ

ひな祭りから学べる中学受験に役立つ話題

お母さん

「ひな祭りで中学受験に通じて来るネタは何かありますか?」

年中行事の1つ、ひな祭りは女の子がいる家なら、言わずと知れた行事でしょう。

逆に男の子だけの家では縁がないかも知れません。

一応簡単に概要をお話すると、ひな祭りは3月3日に女の子の健康と成長を祈る年中行事の一つです。

ひな人形をはじめ、桜や桃の花を飾り付け、雛あられや菱餅などを備えます。

また、家族や親戚を交えて白酒やちらし寿司を食べます。

ひな祭りやひな人形自体が中学受験で問われることはほとんどありません。

しかし二十四節気の一つとして関連事項が問われることはあります。

特に由来に関するものは、平安時代と密接に関係しているため、話題になりやすいですね。

また天皇を始め、公家の役職も知っていると歴史の勉強がやりやすくなります。

特になぜ豊臣秀吉が将軍以上の権力を手に入れることができたのか、はこの公家の役職が関係してきます。

ひな人形

人形なのはわかるけれど、あれが誰で何なのかわからない子も多いはず。

説明書に書いてあるのでそれを見ればわかると思いますが、見慣れない用語も多いため、簡単に解説しましょう。

男雛(おとこびな)と女雛(めびな)

段の一番上にいる、もしくはひな人形と言えば…と言えるような代表的な2人。

これを男雛(おとこびな)と女雛(めびな)といいます。

「うれしいひなまつり」という歌の歌詞に「お内裏様(おだいりさま)とお雛様」が出てきますが、お内裏様とは2人合わせた呼び方です。

そしてお雛様というのも、男雛と女雛合わせてお雛様なので、歌詞の意味がちょっとおかしいですね。

並びは日本古来からの向かって左が女雛という置き方と、西洋の文化が入ってきてからの向かって左が男雛という置き方があります。

どちらが正しいというのはありません。

三人官女

官女(かんじょ)というのは、天皇のお世話をする女性のことです。

この3人、よく見ると顔が微妙に違うはずです。

真ん中の1人だけ、眉毛がなく、引眉(ひきまゆ)をしていて口の中が黒いのです。

これは既婚女性だからなんですね。

逆に言うと、眉毛があるのは未婚の印ということになります。

最も、時代によって解釈が変わるので、絶対ではないのがややこしいところですが(^^;)

五人囃子(ごにんばやし)

囃子(はやし)というのは能楽(のうがく)の演奏形式の一つで、雰囲気を高めるために添える音楽を言います。

お祭りの時に聞こえる笛や太鼓の音を祭囃子(まつりばやし)と言いますね。

あれのことです。

なお、能楽は日本の伝統芸能なので、無形文化財にも登録され、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

また、能楽を大成させたのは、観阿弥(かんあみ)と世阿弥(ぜあみ)で、彼らは入試でも問題になります。

ちなみに能楽が由来になっている言葉は現在も多数残されています。

調べてみても面白いでしょう。

右大臣と左大臣

「うれしいひなまつり」には右大臣というのが出てきますが、ひな人形には本来右大臣はいません。

というのも律令制(りつりょうせい)の下では、政治のトップは太政大臣、ナンバー2が左大臣、ナンバー3が右大臣なんですね。

ということは、天皇にかなり近い、偉い身分の人達なのです。

そんな人が武装してますかね(^^;

ということで、この武装している人達は、本来の役職で言う右大臣でも左大臣でもないはずなのです。

が、ひな人形なのであまり細かいことは考えなくてもいいでしょう。

通称右大臣と呼ばれているのは、右近衛少将(うこんのしょうしょう)で、左大臣と呼ばれているのが左近衛中将(さこんのちゅうじょう)です。

この辺りは知っていると受験勉強を理解しやすくなるでしょう。

随臣(ずいじん)

下の方にいる武装した人たちは、随臣(ずいじん)と呼ばれ、天皇の側で警護する人達です。

先程話した通り、通称右大臣、左大臣と呼ばれていますが、正式名称を近衛中将(このえちゅうじょう)といいます。

近衛という漢字の通り、近くで衛るという意味ですね。

「うれしいひなまつり」に出てくる右大臣がこの左近衛中将のことを指すのであれば、警護の人がお酒飲んで酔っ払っているのはマズいと思うのですが(^^;

それはともかく、近衛という苗字は第二次世界大戦でも出てきますね。

近衛文麿(このえふみまろ)。

そう、大東亜共栄圏を提唱した総理大臣です。

この「近衛」という苗字は天皇家の近くで守っていた家系の人々なんですね。

雛あられと菱餅

白色は、緑色は植物の芽吹き、ピンク色は血と生命、黄色は紅葉を表していると言われています。

また、この4色は季節も表しています。

ピンクが春、緑が夏、黄色が秋、白が冬ですね。

そして三色で菱形に切られているお餅ですね。

菱形の理由には諸説がありますが、菱という植物の実が菱形で、菱餅は菱の実を入れて作っていたためとも言われています。

官位

官位制とは、天皇に使える人のランクを表したもので、歴史ではあまり出てきません。

しかし官位制と結びついた役職は歴史でもよく出てくる名称なので、知っている人も多いでしょう。

まず一番トップが正一位と呼ばれるランクで、その下に従一位と呼ばれる位があります。

このランクの人は行政を行うトップの太政大臣にあたります。

そしてその下の正二位従二位左大臣右大臣

さらに続き、正三位大納言で、従三位中納言となります。

この従三位には、軍事をつかさどるトップもつきます。

それが大将です。

つまり、軍事トップの征夷大将軍は官位制でいうところの従三位にあたるということです。

それに対し、豊臣秀吉は正一位を取ったので、将軍よりも偉くなったということですね。

なお、少納言従五位にあたり、ここまでが上級官人という扱いになります。

つまり、正六位以下が下級官人ですね。

冠位十二階と色

聖徳太子が作った冠位十二階ひな人形の色にも影響を与えています。

一番官位が高いのが濃い紫で、その次が薄い紫ですね。

それに続いて、青、、黄色、白、黒と続きます。

それぞれ濃い色がと薄い色があり、濃い方が位が高くなります。

しかし、平安後期以降は服の色で官位が分けられ、四位以上が黒五位は緋(赤)、六位以下は縹(はなだ:青)となりました。

ひな人形の色と官位もこれに準じているため、黒の方が位が高い役職ということがわかります。

イベントからでも受験勉強できる

雛人形の並べ方を学べるゲームを見つけましたので、もしよかったらどうぞ

 ⇒ 壇飾りゲーム(ひな祭り文化普及協会)

 ⇒ ひな祭り検定(ひな祭り文化普及協会)

ファイのオンライン授業では、このように身近なことから学ぶことを推奨しています。

苦しい思いをして勉強しなくても、親子楽しく学べる方法はいくらでもあるんですね。

月1万円で勉強と関連付けるアドバイスをしています。

勉強で親子関係がうまく行っていない方はご相談下さい。

学習法診断バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書