日本初!勝手に勉強する子ができる塾

川口の出張指導:とうきびチョコ

一緒にお絵かきをする親子

みんな大好き、とうきびから学ぶ

北海道のお土産、トウキビチョコ

埼玉県川口市中学受験出張指導に行ってきました。そこで北海道お土産トウキビチョコを頂いたので,トウキビチョコから授業がスタート。まず子どもが「とうきびって何?サトウキビと一緒?」と聞いてきたので,トウキビとサトウキビの漢字を調べさせました。

  • サトウキビ:砂糖黍
  • とうきび:唐黍
  • とうもろこし:玉蜀黍

若干違うんですね。すると,「黍(きび)」の字に着目して,「黍は一緒なんだね。でも黍ってなに?」と質問して来たので,今度は黍を調べました。

(きび)と言うのは写真を見ればわかる方も多いと思いますが,鳥の餌になっている小さい丸い実がなる植物です。そして玉蜀黍(とうもろこし)も粒は大きめですが,同じような見た目の植物です。

唐黍(とうきび)と言うのは中国から伝えられた植物で,「もろこし」とも呼ばれていたので,唐黍と書くと,「とうきび」とも「もろこし」とも読めます。

そしてその後,唐黍そっくりなトウモロコシポルトガル人により伝えられます。この時は舶来物(はくらいもの:外国から来たもの)は南蛮(なんばん)という言葉を使って表していたため,唐唐黍(とうとうきび)とか南蛮黍(なんばんきび)と呼ばれていました。しかしそれだと漢字が被ってしまうため,漢字を見た目の印象で変えて,玉蜀黍と書き,とうもろこしと読むようになったのです。

もろこしについてまとめたノート

さてこれで話はひと段落でしたが,ここから今度は唐とは何かという話になりました。最近キングダムという漫画や映画が流行っていることもあって,中国史に関心を持つ子が増えているんですね。そこで,中国の歴史を簡単にやりました。

中学受験の子なので興味があるなら教えてしまっても損はありません。最も出ることはないのですが,日本は中国と貿易関係を結んでいたので,中国史の流れを知っていると,関連付けがしやすくなるのです。

このノートは中国史を簡単に流した時のもの。お土産のとうきびチョコからだけでもこれだけ子どもの興味が引き出せるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書