日本初!勝手に勉強する子ができる塾

子どもの「ちゃんとやった」はあてにならない

成績が上がらず涙を流す母親

子どもは自分に甘い生き物

千葉県では前期期末試験がやっと終わりましたね。夏休みからてんやわんやと駆け抜けて来ましたから,さぞかしみなテストが終わった後の解放感といったらないでしょう。

しかし,後期中間試験は2か月後。特に中3は実力試験もありますから休んでいる暇などありません。まだ2か月もあると思うか,もう2か月しかないと思うか。理想を言えばここで気を抜いてペースを崩さないようにしてほしい所ですが…

中1と中2はどう頑張っても気が緩むでしょうね。まぁ一時の気の緩みは仕方ないとして,いつどのタイミングで締めるかは考えておいた方がいいでしょう。

数学の試験が一番点数良かった

さて,まだ試験が終わったからか,夏の様子ですでに不安を感じたのか,すでに何名かお問合せを頂いております。ありがとうございます。今後の募集については,また告知致します。

今日は大抵の学校で提出となっている学校のワークのご紹介。
学校で提出を義務付けているので,PHIでは提出前に確認をしています。

「学校のワークなんてチェックする必要あるの?」

と思われがちですが,子どもの学校のワークの実施状況は意外と適当なのです。

これが提出前の状況です。何が問題かすぐにお分かりになりますか?

ワークの実施状況チェック

そう,丸つけをしていない所があるのです。普通に考えればなぜこんなところを飛ばす?といったところも抜けてます。これはこの子だけが特別なのではなく,割と誰にでも普通にあることなのです。学年で上位の子たちも割と抜けていますから。

子ども達はちゃんとやったつもりでも,こういう所で上げ足を取られて減点されてしまうんですね。この子に関してはバツのところを赤ペンで答えしか埋めていないところもあったので,直しまでやらせて再チェックしています。

今回は中学生の学校のワークを例にあげましたが,小学生でも基本的には同じです。むしろ小学生の方が何か忘れている傾向が強いものです。

子どもの「ちゃんとやった」は意外とあてになりませんから,やはり大人の目で「ちゃんと」のレベルがどのくらいなのかを確認していく必要があるでしょう。

ちなみにPHIの子のワークの評価は高く,大抵の子がA判定,さらにその上のA+やSをもらう子も少なくありません。学校の先生からの評価も上々で,「PHIの子はワークだけではなく,ノートの取り方も良い。授業や休み時間もオーラが違う。」といったお話を頂いております。今まで他の塾で成績が上がらなかった方はPHIへお問い合わせ下さい。もしかしたらノートの時点でつまづいているかもしれませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書