日本初!勝手に勉強する子ができる塾

メモする力が学力を左右する:中学受験、高校受験のための授業の受け方

ガッツポーズをする高校生

生徒のメモ

ファイの子どもたちのメモで,すごいと感じたものをご紹介致します。

塾生のメモ
塾生のメモ

どうメモを取るかで授業の受け方がわかる!

一見するとただのテストのメモに見えますが,これの何がすごいかお分かりになりますか?

これは社会の先生が,テストの内容についてのヒントを話してくれたものをメモしたものだそうです。黒板に書いたものではなく,口頭で話したものを。

これってなかなかできそうでできないものなのです。一言二言ではなく,長いですからね。たとえ先生が「メモしておけよ」と言ったとしても,ここまでメモできるのは大したものです。

「これぐらいならうちの子もできる」とおっしゃる方。

すごいという実感がないと思いますが,これは凄い事なのです。こういうメモを取れるという事は,授業内でポイントを押さえていることになりますので,テストで点を取れる事に通じてきますからね。実際私も学校や大学,他の塾でも教えているのでテストの内容についてメモさせる場面はよく見ますが,授業中に先生が話している大切なことをメモできている子は1割もいません。メモしておけよ,と話してメモをさせても,半分はメモできません。「えーっと,何?」といって他の子が書いているのを見る子,ポイントが分からず結局何を勉強すればいいのかわからない書き方になっている子が多いのです。そのため,こういうメモを取れているなら,ポイントを押さえて聞く力は十分あると思って間違いないでしょう。実際この子達は聞き取りのテストを滅多に落としません。ぜひ大げさに褒めてあげて下さい(^^)

メモは書くだけでは意味がない!どう使うかも重要。

もう一つ素晴らしいのは,このメモを二人ともすぐに私のところへ持ってきたことです。上のメモの子に関しては「明日教えて下さい!」って書いてありますからね。しかもこの子は,この日授業じゃないのにメモを私の手元に持って来ているのです。

「学校で聞いてきた事はファイの先生に言えば成績を上げてもらえる!」

と言って,休みなのに持って行ったとお母さまが話していました。自分から行動する,こういうのは意気込みを感じて本当に嬉しくなります(^^)

実際学校のテストというのは学校の先生が作るものですから,試験範囲表だけでは細かい事は伝わってこないのです。一般的な塾の先生は,試験範囲に沿って一般的に重要な場所から教えるだけ。本気でテスト対策をするのなら,こういう学校の先生が話した情報が不可欠になります。

みなさんも「学校の話だから」とは思わずに,ぜひ塾の先生にバンバン持って行かせて下さい。学校の試験対策を無視している塾に持って行っても意味がありませんが,テスト対策に力を入れている塾であれば,絶対に欲しい情報のはずです。有利に指導してもらえますよ!

なお,写真を撮っているときに,「メモを公開したら自分たちが不利になる!」なんてことを言われましたが,全然問題ありません。このメモを持ってきた子達より優秀なお子様は,こんなメモなど必要としていません。自分でメモを取れているでしょう。

「あなた達より順位が低い子達で,もし必要としている子がいるのなら,頑張ってもらうために教えてあげなさい。メモを公開したぐらいで逆転されるような指導はしていませんし,あなたが相手にしているのはそういう子達ではないでしょう。」

と話したら,納得していました。私が教えてあげたことも,他の子に教えてあげるそうです。それでいいのです。ファイは教えることで自らが学ぶ塾ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書