日本初!勝手に勉強する子ができる塾

「怒」と「哀」だけじゃない!父親だって「喜」と「楽」が必要!

娘を抱きしめる父親

喜怒哀楽

喜怒哀楽の内,一番簡単なのは人を怒らせること。
次に簡単なのは泣かせる事。
一番難しいのが笑わせる事だそうです。

そう考えると,お笑い芸人やお笑いタレントはなかなか大変ですね(^^;)

私も人生をかけて笑いを取りに行っている友人がいますが,彼の努力はきっと想像以上なのでしょう(笑)

さて私はと言いますと,正直泣かせていることが多いでしょう。

子どもをしつける上では正直「怒」と「哀」を使うのが一番楽ですからね。

しかし「怒」と「哀」だけではやはり子どもはついてきません

どこかで「喜」と「楽」がなければ面白くないですからね。

とはいっても、私はお笑い芸人でもありませんし,前述の友人のように人生をかけて笑いを取っている訳でもありません。

正直笑わせるのは苦手な方です(・・;)

しかし授業では楽しめるようにさまざまな工夫をしています。

その一つが「子どもに通じる話」です。

どんなに素晴らしい話でも,それが子どもに理解できなければ、ただ眠くなるだけの話です。

逆にとても難しい話でも,子どもがイメージできるように話してあげることで,楽しみが広がるのです。

難しいと言えば難しいですが,勉強を教える訳ではありませんからできなくはないですよね?(笑)

子どもに興味を持たせるのは難しい事です。

しかし,子どもは理解できる話には食いつきます。

教えるのではなく,子どもと話す中で興味を持たせられれば,一番自然な形で勉強に向かえるのです。

主要5教科に興味を持つとは限りませんが,主要5教科だけが食っていくために必要なことじゃないのですから,あまり細かい事を考えるのはよしましょう。

無理に難しい話をしようとしなくても,自分が話せることを子どもと話して,子どもが理解できるようにあの手この手で放してあげればそれで十分

家にいる時間が少なく子どもとの接点が少ない父親だからこそ,お友達感覚に近い母親よりも,影響力が強くなります。

父親の威厳も大切なので怒るなとは言いませんが,形はどうであれ,父親だって子どもに「喜」と「楽」を与えられます。

実際子どもの興味が父親に影響されることは割と多いですよ!

とにかく気を付けるのは,話して聞かせようとするのではなく,わかるように話す努力をすることです。

子どもと同じ目線に立って,何度も,何度でも。

一番簡単な「怒」と「哀」だけが父親の役割だと思いませぬよう(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書