日本初!勝手に勉強する子ができる塾

和同開珎:「かいちん」か「かいほう」かのちんぽう論争

古銭

受験にどう役立つ?

和同開珎は通貨の歴史において外せない重要な通貨の1つ。

教科書にも写真が載っており,入試でも写真が題材として出ることもよくあります。

和同開珎って?

和同開珎というのは708年に作られていた皇朝十二銭の中でも一番古い通貨。

日本で作られた通貨で一番古いのは683年頃から作られた富本銭(ふほんせん)と言われていますが,実際に流通していると言えるかどうかは諸説あります。

そのため,入試では

・日本で作られた一番古い通貨:富本銭
・日本で流通した日本製の一番古い通貨:和同開珎

となっています。

なぜ「ほう」?

実は皇朝十二銭,和同開珎以外は全て「〇〇〇宝」と書いて「なんちゃら〇ほう」と読むのです。

そして「珎」の字は「宝」の字の略字体なのです。

宝の旧字体である「寶」の真ん中にある字を抜き出したのが「珎」という字なのです。

ということは,当時は「ほう」と呼んでいたのではないか,と考えられるのです。

ちなみに富本銭を作る際に参考にしたのは唐(中国)の開元通宝で,やはり読み方は「ほう」でした。

なぜ「ちん」?

実は「珍」の異体字も「珎」なのです。

もともと「珍」という字は貴重という意味で,宝と同じ貴重性を表す字だったのです。

そしてこの漢字は記録に残る限りでは「ちん」としか読んでいません。

そのため,「ちん」と読んだのではないか,とも言われています。

教科書では?

教科書に載っている和同開珎の説明

国の検定を受ける教科書では,「ちん」と「ほう」両方が書かれています。

そのため,結論はどちらでもいい,ということになります。

ただし,以前の教科書では「ちん」しか載っていないものも多く,今の先生世代では「ちん」だとしている先生も少なくありません。

下手なミスを受けないように,ちゃんと漢字で書けるようになっておけば問題ありません(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書