日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

「しめすへん」と「ころもへん」の違いは?

「しめすへん」と「ころもへん」の違い

「しめすへん」と「ころもへん」は何が違う?

塾生
「しめすへん」と「ころもへん」は何が違う?

という質問を塾生から受けたので、「しめすへん」と「ころもへん」の違いについて授業をしました。

ファイではどんな授業をしているのか、その時の授業を紹介しましょう。

まず受験でもよく出ることの確認から。

「ネ」になっているのが「しめすへん」
「ネに点」が「ころもへん」

元々の意味もその読み方の通りで、

「しめすへん」 ⇒ 「示す」(しめす)
「ころもへん」 ⇒ 「衣」

から来ています。

実際に使われている漢字を書きだしてみましょう。

「しめすへん」の漢字

  • 礼 ⇒ 敬い、感謝を示す。 例)敬礼、婚礼、謝礼
  • 祈 ⇒ 神へ願いを示す。 例)祈願、祈祷、祈念
  • 祉 ⇒ 神が立ち止まる場所(=幸せ)を示す。 例)福祉
  • 祐 ⇒ 神の助け(右手を差し出す様子)を示す。 例)天祐、祐筆、富祐
  • 祥 ⇒ めでたいことを示す。 例)吉祥、祥雲、祥慶
  • 福 ⇒ 幸せであることを示す。 例)幸福、福祉、福音

「ころもへん」の漢字

  • 表 ⇒ 上着、上に着る衣。見た目を表す。 例)代表、年表、図表
  • 裏 ⇒ 衣服の裏側。 例)脳裏、裏側、裏手
  • 被 ⇒ 皮の衣類で頭を覆う。 例)被覆、被告、被害
  • 袋 ⇒ 衣類の布で作った入れ物。 例)紙袋、小袋、包袋
  • 複 ⇒ 裏地(逆さ)のある衣服=何枚か重ねる。 例)重複、複眼、複写
  • 装 ⇒ 衣服を整える。身を包む。 例)衣装、装備、仮装
  • 裂 ⇒ 衣類が切れる。 例)分裂、決裂、破裂
  • 補 ⇒ 衣服のほころびを他の布でふさぐ。 例)補習、補講、補欠
  • 裕 ⇒ 衣類が沢山ある=豊か。 例)余裕、裕福
  • 裸 ⇒ 衣類(皮)を身につけない実。 例)丸裸、赤裸々、裸子
  • 衿 ⇒ 布ですっぽりと覆う。 例)衿(えり)
  • 袖 ⇒ 布の筒。 例)振袖、丸袖、袖口
  • 袴 ⇒ 弓を引く様子=弓を引くときの衣。 例)袴(はかま)
  • 襲 ⇒ 龍が衣に乗っかってくる=襲われる。 例)襲撃、空襲、世
  • 褒 ⇒ 子を衣に包んで抱く。 例)褒める、褒美、褒章

なお,お気づきの方もいらっしゃると思いますが、実際に「示」がへんになっている漢字もあるんですね。

そしてこれも「しめすへん」と言います。

「示」がへんになっている「しめすへん」の漢字

  • 祠 ⇒ 神事を司る場所を示す。 例)祠(ほこら)、社祠、神祠
  • 禊 ⇒ 身を清めたことを示す。 例)禊(みそぎ)、禊祓
  • 祇 ⇒ 土地に住む神(氏神)を示す。 例)祇園、神祇
  • 祓 ⇒ 犬を生贄として捧げ、祈ることを示す。 例)お祓い、禊祓、清祓、大祓

このように使い方もほぼ一緒。

元々は「ネ」になった漢字も、旧字体は「示」だったんですね。

それを常用漢字にするにあたって簡単になっていって、「ネ」になったので、両方とも「しめすへん」なのです。

つまり、「しめすへん」が使われるのは何かを示しているものが多い。

「ころもへん」が使われるのは衣類が関係する、もしくは関係した由来のものが多い。

となるのです。

漢字の勉強は覚えるだけだとつまらなくなる

漢字はもともと意味があった構図が簡略化されて現在の形になったため、見た目が同じでも違う意味の漢字も多々あります。

そして似ていても意味が全然違うものもあります。

これらをすべて一つずつ丁寧に勉強していくのは現実的ではありません。

しかし、間違えたとき、わからなかったときに、その区別をつけるためにちょっと掘り下げて勉強するだけで、使える知識に生まれ変わります

子どももこういった勉強の方が興味を示して調べだしますので、ぜひうまく乗せてあげて下さい(^^)/

もしご家庭でサポートが難しいようなら、ファイが日々の勉強からチェックし、アドバイスしています。

たかが漢字ですが、漢字が取れるようになると、文を読んだ時の理解度も上がるものです。

ぜひご利用下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書