日本初!勝手に勉強する子ができる塾

酸性とアルカリ性を混ぜても中性にはならない

化学実験で使うフラスコ

受験にどう役立つ?

「中和とは何か」と聞いて,「酸性とアルカリ性を混ぜて中性になること」と答える子の多いこと。

特に丸暗記系の塾の中・下位層の子はほぼ例外なくそう答えます。

もし子どもが「中世になること」と答えた場合,まず化学は頭打ちになって伸びないでしょう。

親が教えるときも,この点をしっかり意識して理解させることで,化学の原理原則の底上げができます。

中和とは?

中和反応の説明

中和とは,酸性とアルカリ性が混ざって,水と塩(えん)ができることを言います。

中性になることではないんですね。

でも中性になるじゃないかって?

いいえ,中性になるわけではありません。

量がぴったり同じなら中性になるだけです。

中性にならないのはどういうとき?

酸性とアルカリ性の量が異なると,混ぜても中性にはなりません。

例えば,酸性の液体をバケツ一杯用意して,そこにアルカリ性をちょっとだけたらします。

さて,中和は起きていますか?

もちろん起きています。

酸性とアルカリ性は打ち消し合いますからね。

しかし,酸性の液体の方が圧倒的に多いため,混ぜても酸性には変わりないのです。

黒い絵の具に白をちょっと入れても黒に負けるのと同じようなものです。

中性になるのはどういうとき?

酸性とアルカリ性を混ぜて中性になるのは,酸性とアルカリ性を同じ量混ぜたときです。

ここでいう同じ量というのは,重さのことではありません。

成分としての酸性,アルカリ性です。

塩酸で言うなら塩化水素,水酸化ナトリウム水溶液で言うなら,水酸化ナトリウムの量です。

これが同じ量だけ打ち消し合ったとき,中性になるのです。

完全中和

中和して中性になることを,中和とは区別するために完全中和といいます。

この完全中和の量を見つけるのは,入試に置いてとても重要なポイントとなります。

ところが,中和を中性になることと勘違いしている子の場合,完全中和の量を見つけられません。

だからいくらやってもできないままになるのです。

算数も理科も暗記で覚えてしまっているという方は,まだ間に合います!

手をくれにならないうちに,勉強のやり方を改善した方がいいでしょう。

気になる解き方をしている場合は,LINE公式アカウントにて相談してみて下さい(^^)/

 ⇒ SAPIX理科:水の量を半分にしたら本当に濃度は2倍なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書