日本初!勝手に勉強する子ができる塾

定規なしで直線を引けますか?

疑問を生徒に与える先生のイメージ

フリーハンドで減点された

直線を定規で書かずに減点された答案

小学校のテストで,グラフを書く時に定規を使いなさいということで,定規を使わなかった子が25点中20点減点されて怒っていました。

この子は逆らって定規を使わなかったわけではなく,テスト中に定規を落としてしまって,定規がないままになってしまったので,仕方なくフリーハンドで書いたとのことでした。

この子はとりあえず先生に事情を訴えて減点を取り消してもらいましたが,それにしても20点も減点するのはどうなんですかね(^^;

まぁ先生なりの事情があったのでしょうからそこは突っ込むつもりはありませんが,そんなことよりも問題なのは,定規を落としたからと言って直線を引くのを諦めた点です。

私はそこを叱りました。

方法はいくらでもあるのに,なぜフリーハンドという選択肢しか出なかったのか。
フリーハンドが最良の選択肢だったのか。


この子は言いました。

「書かないよりは書いた方がいいと思ったのでフリーハンドで書きましたが,他の方法は考えませんでした。。。」

書かないより書いた方がいい,先生にちゃんと事情を説明してわかってもらう,ここまでは正解です。
いい選択でした。

問題は定規がないときにどうするか。
あなたならどうしますか?

手を上げて定規を拾ってもらう。
それも一つの手です。

しかし定規は無くても直線は引けるのです。

「定規はなくても直線は引ける」と言ったら,

「他の道具を使うんですか?」と聞かれたので,

「いや,何もいらない。」と言いました。

数秒考えて,「あ,こうですか?」と言ってサッと書きました。

こういう発想の仕方をラテラルシンキングと言います。

ラテラルシンキングの例「直線を書く」

ラテラルシンキングができる子は逆境に強い

常識にとらわれて考えるのがロジカルシンキング

いわゆる一般的な学校や塾で習う授業はみんなロジカルシンキング。

決められたルールでしか考えることが許されません。

しかし常識を取っ払えば,方法なんていくらでも出てくるのです。

この常識を取っ払った考え方をラテラルシンキングといい,この発想ができる子はいわゆる逆境に強くなります。

逆境で解決法が思いつきますからね。
いわゆるパニックになりにくいのです。

この子もテスト中にこの方法を思いつけば立派だったのですが,でもちょっとした指摘だけでサッと思いついたのは大したものです。

考えなかったことを叱りましたが,ラテラルシンキングがパットできて正直ちょっと嬉しい(笑)

さて,あなたならどうやって定規なしで直線を書きますか?

ラテラルシンキングの問題には正解も不正解もありません

あるのはただ一つ,目的とする結果を得られたかどうかだけ。

もし全く思いつかない場合,ロジカルシンキングに偏りすぎた勉強をしている証拠です。

子どもは基本的に常識がないので,詰め込み教育を受けていなければラテラルシンキングになるものです。

ぜひお子様にも書かせてみて下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書