日本初!勝手に勉強する子ができる塾

なぜ下着は白、スポーツブラ限定なのか

疑問を感じている女の子

ブラック校則

以前話題になったブラック校則。

PHIでもその時に,なぜそのような校則ができたのか,が議論になりました。

それに対して答えらしきものを見つけた記事がありましたので,子ども達の予想した答えと照らし合わせてみました。

もっとも情報ソースが何かと話題の文春なのでどこまでどう受け止めるかは各自自己責任ということで。

なぜ下着は白なのか?

PHIでまず子ども達が話していたのは,「そもそもどうやって確かめるのか」でした。

まさかめくって確かめる訳にはいきませんからね。

「昔はめくって確かめていた時代があった」という意見もありましたが,「そんなことはなかったと信じたい」ということにしました。

そこで考えられたのが,「もし白ではなかった場合,何が問題だったのか」

これは「別にいいじゃん」でなかなか進まなかった(笑)

確かに何色だろうと別にいいのですが,この校則が決まった時代はそういうわけにもいかなかった。

みんなとそろっていない=乱れている

と解釈される時代でしたからね。

その時代背景を説明することで,もし白ではなかった場合,透けて目立つ可能性がある,という所にいきつきました

検証,というわけではありませんが,記事でも体操服の下に色付きの下着を着ると透ける,というものがあったので,子ども達の予想は当たっていたと言えます。

なお,色付き下着が透けるに関しては,女の子も含め,小中学生では恥ずかしいという考えがまだ少なく,女性講師が貞操感について話聞かせていました。

だから校則でルール化したんでしょうね。

スポーツブラ限定なのはなぜ?

これに関しては「規定されるまでもなく,スポーツブラの方が楽!」という意見だったので,「そういうおしゃれが流行った時代もあったのだろう」という意見でした。

残念ながら詰めがちょっと甘かったですね。

確かに流行りもあったようですが,記事では「ブラ紐を引っ張っていたずらする生徒が多かった」と書いています。

ということは,実質的に被害が出ていたため,規定したということでしょう。

今の時代,女性を守るために女性の立ち振る舞いを変えさせる,というのはおかしな考えかもしれませんが,イスラム教しかり,身を守るために男性の性欲を掻き立てない工夫をするという考えは昔からあります。

ルールや規定には背景がある

ブラック校則が話題になったので,話しに出たと言うだけであり,ルールや規定は身近にたくさん存在します。

そのルールにはちゃんと意味があったのです。

今となってはおかしいというルールも沢山ありますが,その時代そのルールが必要だった背景が必ず存在するのです。

NHKの受信料問題も,1960年代の放送法が元になっていますからね。

その時代は確かに必要な法律でしたが,今となっては技術の向上とメディアの多様化から実情にそぐわない法律になっているもかからわず,強引な解釈で取り立てを行っているのでこんなことになっているのです。

ルールは確かに守らなければなりませんが,その背景や解釈については常に考えていかなければなりません。

「ルールです」と言われて「はいそうですか」とそのまま受け入れるようでは,搾取されるがままの情報弱者になってしまいます

いくらテストの点数が良くても,こういう大人になって欲しいですか?

直接テストには関係ないかも知れませんが,こういう考え方は巡り巡ってテストの点にも影響してきます。

身の回りのちょっとしたルールから,意味を考えるきっかけを与えてあげて下さいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書