日本初!勝手に勉強する子ができる塾

受験校・志望校はいつ変えるべき?

悩む母親

受験校を変える時期

入試が近づくにつれて不安が高まってくる方も多い事でしょう。

そんな不安に駆られて「やっぱり受験校を変えた方がいいかな…」と思う方も多いはず。

しかしですね、不安だからって今変えても、結局不安はぬぐえないのです。

ちょっと安心して勉強の手が緩むのがオチです。

また、結局変えて後悔する子も少なくありません。

不合格をもらうより、受験しない事の後悔の方が大きいのです。

受験校は最後の最後、願書を提出しに行く段階で変えられるはずです。

悩むなら、その前日ぐらいにしましょう。

また、私立に関しては受ける可能性がある所を出願しておいて、受験当日に決めるという方法もあります。

しかも中学受験では、割と普通にみんなやっている、普通の戦略です。

本来なら合否が分かっていない状態で願書の提出をしなければならない日程の時に行う手法ですが、どうしても悩むならそのような方法もできなくはありません。

費用面は無視した方法ですが。

いずれにせよ、11月、12月ならまだ時間はあります。

今決める必要はありません

そんなことで悩むよりも、やり続けた方が時間を有効に使えるというものです。

1月でもまだ大丈夫。

どうしても選ばなければならないのなら、第一志望のまま出してしまいましょう。

落ちても本当に頑張れる子は進学校に関係なく頑張れます

合格だけが受験ではありません。

諦めるには早いですよ!

進学後の事で悩んでいるのであれば、受験が終わる前にファイへご連絡下さい(^^)/

受験後に進学先でダメになっていくのは、丸暗記で乗り切った中学受験、高校受験生によくあることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書