日本初!勝手に勉強する子ができる塾

「箸」の中の「者」に点はいる?いらない?点の位置は?

竹箸(神仙)

箸の中には点がある

塾生
箸の中に点はいる?

さて、今回も塾生からの質問にお答えしたいと思います。

「箸」という漢字、ご存知ですか?

実はこの「箸」という漢字、よく見ると「者」の中に点が入っているのです。

者の中の「日」の上にちょこんと。

携帯で「箸」と変換することはあっても、手書きで「箸」と書くことは少なく、気づかない人も多いかも知れません。

箸の中に点はいる?

ね、入っているでしょう?

「『者』の中に点が入っている漢字を見たのですが、あれはなんですか?」

という質問も頂きました。

どうやらおばあさんが書いた漢字の中にあったそうです。

そんなものよく見つけましたね(笑)

実は「者」という単体の漢字にも点が入っていたのです。

旧字体というものですね。

そのため、旧字体で漢字を学んだ世代は点を打つ方が普通になっているのです。

旧字体ってなに?

旧字体とは、1946年まで使われていた漢字。

1946年と言えば、日本国憲法が公布された年。

そして原子爆弾を落とされて第二次世界大戦(太平洋戦争)が終戦した年。

つまり新字体というのは、戦争終結と共にGHQにより様々な改革が行われたものの1つなのです。

しかしなぜ旧字体から新字体へ変更したのでしょうか。

実は以前から漢字の複雑さが教育する上で障害になっていた、複雑すぎて外国人が理解できず、暗号めいた文字になっていたため、と言われています。

そのため一時は漢字廃止論まで出て来て、その一環として難しい漢字を廃止、簡略化して漢字そのものを減らしました。

それが「常用漢字」というもので、「者」の中の点が消えたのもこの時です。

ところが、「者」が入る漢字、例えば「箸」や「賭」は常用漢字には追加されなかったため、旧字体のまま残ってしまった

そのため点が入る字と点が入らない字が混在することになってしまったのです。

その後平成22年の常用漢字に「箸」と「賭」は加えられたのですが、以前まであった漢字廃止論はなくなったため、旧字体そのままの字体で載ることになりました。

だから常用漢字表では点を付けた字が掲載されているのです。

なお、パソコン環境などにより点が出ない字体となっているケースもあるため、点はつけてもつけなくてもよい、という資料が添付されています。

よって、

一応常用漢字には点がついているが、つけなくてもよい

というのが結論になります。

受験には必要ない漢字ですが、漢字の歴史を知ることは、受験勉強にも通じてきます

特に中学受験においては漢字や熟語の成り立ちが問われる学校も。

ひたすら書かせてただの記号として覚えさせるのではなく、意味を理解して点に結び付くように勉強させてあげて下さいね(^^)/

漢字について興味があれば、タグ:漢字もご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書