日本初!勝手に勉強する子ができる塾

図形の認識レベルが不足しているために解けないケース

正六面体。立方体

小4 展開図・表面積が解けない

立体の問題で、表面積が求められないケース。

この原因は大抵数え間違い

なぜそのようなミスが起きてしまうのでしょうか。

今回はそんな一例を紹介致します。

展開図がちゃんと書けていない

一番多いのは、展開図をちゃんと書けていないケースです。

一見正しそうに見えても、どことどこがくっつくのかわかっていない、図が汚くて読み取れないといったことは結構あります。

三角柱に半円の柱体をくっつけた立体をオンライン授業した時のものを紹介しましょう。

展開図

これはどの辺とどの辺がくっつくか、を色でわけたものです。

図が汚くて見えない(笑)

というのも間違える原因ではありますが、この子の場合はそもそも展開図の解釈を間違えていました

半円の部分を展開したときに、半円の側面を2分割にしてしまったのです。

しかし解く時には半円の弧の長さとして解いたため、長さがズレてしまいました。

「そんなアホなことしない」

と思うでしょ?

子どもは結構するのです。

大人が想像もしないような間違え方を。

だからこそ大人の常識にとらわれない自由な発想ができるのですが、この自由な発想による間違いに気が付かずに教え込んでしまうと、図形の問題は解けるようになりません

この子の場合は全体像として何となく捉えることはできても、細かい部分は適当な解釈をしてしまうことがミスの要因となっていたため、一部分ずつどこの展開図なのかを確認していく指導をしました。

これにより、自分で気づく力自体を育てることができるので、「忘れたから解けない」などということはありません。

図が汚いから解けないわけではない

よく図形の問題が解けないと、「綺麗に書きなさい!」というところから始めようとする方が先生でも多いのですが、綺麗に書けば図形ができるようになるわけではありません

今回のこの子のタブレットへ書き込む字は綺麗とは言えません。

しかし綺麗かどうかよりも、どういうプロセスで考えているのか、今何から解決しなければならないのか、を自分で考える力自体が必要なのです。

教えてしまったらこの力は身につきません。

自分で気が付けるように持って行けるかどうか、がカギ。

図形の認識が出来ないケースでは、お子様がどんな解釈をしているから解けないのかをしっかりと探るようにして下さい。

その上で気付かせる。

何度やってもできるようにならない場合はファイへご連絡下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書