日本初!オンライン授業専門で勝手に勉強する子ができる塾

2021年7月の時事問題・中学受験生の親向け解説

新聞とスマホから時事問題を学ぶイメージ
新聞とスマホから時事問題を学ぶイメージ

ファイの時事問題の特徴と使い方・注意点

サピックスや四谷大塚の全国大会出場者を始め、中学受験、高校受験の上位の子、及び保護者が多数利用しています(≧▽≦)

単純にテストに出る所を押さえたものではなく、親子で話題にして欲しいネタ、ポイントを紹介

必要のない部分、細かい数字は極力減らし、小学生・中学生でもわかりやすい簡単な言葉で印象付けしておくことで、関連事項が押さえやすいようにまとめています。

また、中学受験対策・高校受験対策・定期試験対策としても使いやすいように、重要度を★マークで表示。

マークの意味

☆:それ自体に時事性はないが、周辺事項を押さえておいた方がいい。
★:それ自体に時事性があるもの。

星の数が多いほど重要なことを表します。

覚えるためではなく、考えること、調べることを通して学力全般に通じる力を養うことを目的としています。

親子で話題にし、子どもが自分の考えを持てれば十分なので、テストにしたり、わからないことを責めないように!

確認用のオンラインテストも用意しています。
登録不要ですぐにチェックできます(^O^)

 ⇒ 時事問題 確認用オンラインテスト(2020年版)

 ⇒ 時事問題 確認用オンラインテスト(2021年版)

2021年7月の時事問題

熱海で土砂災害 線状降水帯による豪雨

7月3日:★

静岡県熱海市で大雨による土砂災害が発生。梅雨前線が本州より南の太平洋側に停滞している影響で、線状降水帯が発生したことによる豪雨と考えられる。専門家は調査により、7月1か月分の雨量を超え、100年に1度あるかないかの水分量になったと指摘。

切替先生

線状降水帯という表現は、開成中でも出題されています。また、災害に関する用語は難関中の時事問題の題材として狙われる傾向にあります。大規模災害とその要因については気にかけておくといいでしょう。

アメリカザリガニ 特定外来生物に指定

7月6日:★

環境省はアメリカザリガニとアカミミガメを特定外来生物に指定し、野外で繁殖しないように規制する方向で検討。特定外来生物に新たな区分を設け、ペットとして飼うことは認めるが、輸入や販売、放出を禁止する。今までは外来生物法で定める特定外来生物には指定されていなかったため、規制がなかった。早ければ来年の通常国会に改正法案を提出し、2023年から規制される。

切替先生

外来種は時事問題としても、入試の題材としても使われます。しかし、アメリカザリガニが外来種だと知っていても、規制されていないことを疑問に思った子も少なくないでしょう。その理由が、特定外来生物に指定されているかどうかです。全ての特定外来生物を覚える必要はありませんが、身近な外来種は押さえておくといいでしょう。

東京五輪 無観客に

7月8日:★

東京オリンピック・パラリンピックの東京、神奈川、千葉、埼玉の会場では、全て無観客にすることが決定。

⇒のちに北海道、福島の会場でも無観客とすることを表明。宮城と静岡だけが観客の人数を絞っての開催を検討。

切替先生

ワクチン接種が間に合わず、感染拡大を止められなかったことから、無観客がかなり現実的になってしまいました。ここで大切なのは、無観客になる事実ではなく、無観客となったオリンピックがどうなるか、です。オリンピック史上初めての試みなので、このことから人類が経験したことは時事問題になりやすいでしょう。ぜひ気にかけてみて下さい。

世界遺産の端島炭鉱 ユネスコが改善要求

7月13日:☆

軍艦島の愛称で知られる世界遺産の一つ、端島炭鉱について、ユネスコの世界遺産委員会が朝鮮人労働者に関する表示が不十分だとして改善を求めてきた。しかし実際には朝鮮人に過酷な労働を強いていた実態はなく、韓国側の主張を全面的に受け入れたユネスコの対応に疑問が広がっている。

切替先生

WHOにせよユネスコにせよ、世界機関としての役割が履行できず、国際連合の在り方にボロが出始めたようなニュースですね。

このニュース自体の時事性は高くありませんが、軍艦島が世界遺産に登録されていること自体は非常によく出題されています。軍艦島をはじめ、「明治日本の産業革命遺産」には他に何が含まれているのか、調べておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断士。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書