日本初!勝手に勉強する子ができる塾

いい先生とは何か?ラテラルシンキングの育て方

疑問を生徒に与える先生のイメージ

先生はそれぞれが様々なポリシーを持って指導にあたっていますから、正解などありません

強いて言うならば、賛同してくれる方がいれば、その方にとってはその先生の考え方が正解となるでしょう。

ここではあくまで一般論についてお話しますが、該当しない先生を非難・批判するものではありません

あなたがどういう人を先生と考えるか、ただそれだけです。

「自分に合わない」というだけで、他の方を非難しないようにお願いします。

いい塾の先生とは?

さて、塾の先生と言うとどのようなイメージでしょうか?

多くの方が「子どもに教える仕事」と考えている事と思います。

私の友人にも先生は多くいますが、ほとんどの方が教えるのが仕事だと考えているようです。

そういう観点から言えば、いい先生とは、成績を上げてくれる先生、志望校に合格させてくれる先生になるでしょう。

教えてくれるのが上手い、というのもいい先生の条件かも知れません。

ではそもそも「先生」とは何でしょう?

先生とは?

あなたは「先生」とはどんな人の事を指すと思いますか?

国語辞典にはこうあります。

1.学問や技術・芸能を教える人。特に学校の教師。また、自分が教えを受けている人。師。師匠。
2.教師・師匠・医師・代議士など学識のある人や指導的立場にある人を敬っていう語。呼びかけるときなどに代名詞的に、また人名に付けて敬称としても用いる。
3.親しみやからかいの意を含めて他人をよぶこと。
4.自分より先に生まれた人。年長者。

漢字の意味を考えるとやはり「4.自分より先に生まれた人。年長者。」これが先生の語源でしょう。

つまり、本来先生とは年齢が上の人のことであり、年上であれば年下の人にとっては誰でも先生になりうると言う事です。

最近は何でもかんでも学校の先生に責任を押し付けるような風潮もありますが、本来の意味で考えれば、親も先生の一人なのです。

いや、親こそ先生と言うべきかもしれません。

では「教える」とはなんでしょう。

そもそも「教える」ってなに?

これも語源を考えてみましょう。

この「教える」という漢字。

元々は「子を鞭で叩く」という所に由来しています。

「教える」という漢字の左下に「子」という漢字が入っていますよね?

右側は鞭で叩いている様子が変形してできたものです。

「子」の上の土にスラッシュが入ったような部分は、元々×が縦に並んでいるもので、「学校」を意味しています。

「学」という字は旧字体で「學」と書き、真ん中に×が二つ縦に並んで入っていますよね?

この×二つは木造校舎の骨組みをイメージしています。

よって、「校舎で子供を鞭で叩いて教える」これが教えるの語源となったイメージなのです。

今これをやったら、体罰で一発アウトですけどね(笑)

つまり「教える」の意味が時代に合わせて変わってきているのと同様に、「先生」の意味も時代に合わせて変わっていると言う事です。

今の時代の「教える」とは?

今の時代の「先生」や「教える」の意味は時代の流れ、文部科学省の方針から考えると「考える力を身につけさせる」という方針に変わってきています。

これは私見ではなく、世界的に見てもこの流れは明らかであり、文部科学省を初め、誰もが言っている事です。

学力テストはもちろん、中高一貫の問題を見てもそれは明らかであり、ただパターンに当てはめて解くだけの一昔前の問題は減りつつあります

「答えがひとつではない入試」

これが増えてきたといえばイメージしやすいでしょうか?

ただ解法を覚えて解くのではなく、自分で解法を考えて道筋を立てて解く必要が出てきました。

解法を考えるより覚える方が早いのでは?

「学歴社会の入試では解法を覚える勉強も必要!」

という方もいらっしゃるのですが、その学歴社会のトップに君臨する東大の入試は、昔から解法を考えさせる入試問題です。

もっともほとんどの学校が解法さえ覚えてしまえば解けてしまうことは否めませんし、学歴社会がなくなるとは私も思ってはいません。

残念ながら、いくら理想を掲げたところで、あと数十年はなくならないでしょう。

しかし昔ほど学歴で人生が決まるわけでもありません

どういう学歴だとしても、幸せに感じる人はいくらでもいます。

この「幸せを感じる生き方」こそが、ゆとり教育が目指した本来の姿であったはずです。

その方針とやり方には問題点が多数ありましたが…

次の時代を生きる子どもを育てる先生とは?

次の時代を生きる子どもにとって必要なことを教えてくれる先生とは、どういう先生でしょうか。

これにも文部科学省が明確な答えを打ち出しています。

「子どもに教える人」ではなく、「子どもに考えさせる人」でしょう。

いくら教えるのがうまい人でも、考えさせる事が出来なければ、教えた事にならない

ファイは創立時からその考えでやってきていますし、私自身、教壇に立ってからずっとこの考え方です。

だからどんな些細な疑問でも大切にします。

くだらない疑問や質問でも子どもと一緒になって真剣に考えます

ロジカルよりラテラル

先日も面白い質問がありました。

塾生

「”hu”って”間”って意味なんですか?」

最初聞いた時は「???」と思いました。

この子が考えた理論はこうです。

塾生

human = 人間
man = 人
human-man=hu=間

じゃないんですか?

まさか英語で方程式をやられるとは思ってもいませんでした(笑)

受験という一つの枠組み(ロジカルシンキング)にあてはめてしまえば「バカな事言ってんじゃないよ!」で終わりなのですが、こういうくだらない事を子どもと一緒になって真剣に考えるのがファイ

すごいじゃないですか、こういう子どもの発想力!

まさにラテラルシンキングですね!

ラテラルシンキングが本物の学力を育てる

先程のhumanが発展して、このような話題になり、塾生たちが話し始めました。

塾生

「じゃあウルトラマンはどうなんだろう?」

塾生

「ウルトラマンはそれでひとつの名前なんじゃない?ウルトラ太郎とかいるし。」

塾生

「じゃあスパイダーマンは、もし女性だったらスパイダーウーマンなのかな?」

塾生

「逆になんでキャリアウーマンはあるのにキャリアマンって言わないんだろう?」

出てくる出てくる(笑)

こんなこと普通の塾で話していたら雑談扱いですね。

でもファイは大歓迎。

こういう話を考えてる時はみんな真剣なんですよね。

もちろん先生も含めて全員が茶化さずに真剣に聞いているから、という事もあります。

こういうくだらないことを真剣に考える、それが習慣になっているからどんなくだらないことでも話す環境ができているのです。

ラテラルシンキングの育て方

ファイでは子どもが質問できないという話は聞きません。

「今までいた塾より質問しやすい。」

「どんなことでも,真剣に一緒に考えてくれるから楽しい。」

「くだらない質問しても怒られないから安心して聞ける。」

よくこういった話を頂きます。

しかしそれは生徒と先生の距離が近いとか、フレンドリーとか、そういうことではありません

どちらかというと厳しい、スパルタな塾と言われていますし。

それでも子どもが質問できるのは、こういうくだらない質問でも真剣に一緒に考えるから、安心して質問出来るという空気が生まれているのです。

子どもって意外と臆病なんですよ。

「質問してバカにされたらどうしよう…」

とか、

「折角教えてくれたのにわからないとか言ったら申し訳ないかな…」

とか、考えてしまうのです。

それがない、とわかっているだけで、子どもは安心して考え、自分の意見を言えるようになるのです。

そして、これがのびのびとラテラルシンキングを育てることにつながっていくのです。

誰でもラテラルシンキングを育てられる

先にも話した通り、先に生まれていれば先生です。

親でも先輩でも。

そしてこれからの時代求められている「教える」というのは「子どもに考えさせる事」です。

これは親でも十分できるのです。

いや、むしろ親の方がきっかけを与えやすい立場にいるでしょう。

そういう意味では、親がいい先生である、というのは子どもが伸びる条件の一つともいえます。

親になるとついつい自分の意見や考えを子どもに押し付けがちですが、この「考えさせる」という事を意識するだけで、子どもはグッと変わってきます

もしご家庭ではうまくいかなければ、ファイへご連絡下さい。

日常生活からお子様の考え方をサポートしていきますよ(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書