日本初!勝手に勉強する子ができる塾

日能研、合格力実践テスト:算数(速さ)

日能研のロゴ

日能研の速さの問題

日能研の合格力実践テスト,算数(速さ)の問題を扱ったのでちょっとご紹介。

これは速さと比がわかっていれば大した問題ではありません。

・列車が橋,トンネルを通過
・速さと時間の比

が分かっていれば解けるはずです。

長さ370mのトンネルを通過するのに10秒(完全に隠れている時間),0.8倍の速さで長さ561mの鉄橋を渡るのに35秒(渡り切るまでの時間)かかるとき,列車の長さを求めなさい。

日能研,合格力育成テスト

答え:125m

トンネル,鉄橋が出てきたら図を必ず書かなければなりません。

日能研の速さの問題を解いたノート

もし図を書けないのであれば,速さの基本からやり直した方がいいでしょう。

図が書ければ,この図の中で,等しいものに着目して式を立てていきます。

比をそのまま使えるのであれば,あとは消去算で解くことができます。

日能研の速さの問題を解いたノート

もし式は立ったのに解けないのであれば,消去算,倍数変化算を強化しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書