日本初!勝手に勉強する子ができる塾

新型コロナで露呈した意識の差と伸びる能力

マスクをして勉強をする生徒

新型コロナウイルスで生じた意識の差

新型コロナで学校が休校となり,ずーっと家にいることになった。

その時間を何に使うか。

地域によって大きな差が出てる。

都心に近い子。

受験熱の高い地域の子。

教育熱心な家庭の子。

これらの子は朝から晩まで勉強している。

オンラインの授業をつけたり,家庭教師をつけたりして,子どもを勉強させている。

親が仕事を休んで勉強につきっきりになっている家もある。

日中遊びに行かせている家もある。

小さい子の面倒を見させている家もある。

手伝いをさせている家もある。

家族団らんの時を楽しむ家もある。

どれが正解でどれが不正解なんていうものはない。

家庭の方針だからどれも正解。

ただ,この意識の差は大きな差になる。

お金をかけるかどうかの差ではなく,子どもに何を学ばせているか。

何に頭を使ったか。

何を考えさせたか。

それは必ず大きな差になる。

この一か月で時間を使った方向に,子どもの能力は伸びていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書