日本初!勝手に勉強する子ができる塾

合格祈願!学問の神様はどこにいる?

湯島天神

お正月に初詣!

受験生にお正月は関係ないですから、受験生の皆さんは初詣とは関係なく、変わらず勉強している事と思います。

なんてことはなく、きっと羽を伸ばしているはず。

やはり子どもですから新年というものは特別に感じることでしょう。

ファイでも過去問など受験勉強の指示は細かく与えているものの、お正月イベントは推奨しています。

家族がそろって新年を祝う貴重な機会ですからね。

大切なのはメリハリ

子どもが勉強する場所と時間は与えつつ、家族行事は参加させる。

そのため、家族行事の時間は子どもにもしっかり伝えておくようにして下さいね。

ということで、今回は初詣について。

受験生は合格祈願に行く人も多いはずなので、初詣をネタに受験勉強をしておきましょう。

受験の神様へ合格祈願するには

受験生に限らず、勉強に力を入れている場合、やはり学問の神様は気になるところ。

せっかく合格祈願をするのなら、やはり学問の神様にお願いしたいですものね。

ネットを見れば学問や受験にご利益がある初詣スポットが紹介されていますが、一体学問の神様とは何か、どうして受験にご利益があるのか、よくわからずにお参りしていませんか?

お参りすること自体に意味があるのでそれでも構わないと思いますが、学問の神様を頼っておきながら、学問の神様が何かすらわからないというのも、不勉強で失礼ではないかなと。

それでは本当にただの神頼みですからね。

受験の神様=菅原道真

さて、まず学問の神様といえば菅原道真(すがわらのみちざね)。

この人は894年遣唐使を廃止したことで有名で、中学受験、高校受験でもよく出てくる超重要人物です。

最もただ「廃止した」と覚えているだけの人は、何がすごいのかわかっていないと思います。

菅原道真の凄いところは、唐(当時の中国)の情勢が不安定なことから、もし唐が滅びれば日本も巻き添えを食らう可能性があると考え、他の人達が続けるべきだと言っていた中でたった1人廃止を主張し、半ば強行的に廃止したこと。

その後は彼の予見した通り、唐は一気に衰退して分裂。

戦争が起こり、混乱してしまいます。

もし日本が唐と交易を持っていたら、「唐の仲間なら日本も敵だ!」と言って攻撃されていたかもしれません。

菅原道真は先見の目で日本を唐の動乱から守ったのです。

なお、これにより日本には唐からの文化が入らなくなったため、日本の中で独自の文化が発展

それが平安時代の国風文化と呼ばれ、かな文字十二単(じゅうにひとえ)などの現代にも通じる独自の文化を作り上げることにつながったのです。

彼は地位の低い貴族でしたが、小さい頃から勉強家で、5歳で和歌を詠んでいたと言われています。

そのため神童と呼ばれていました。

彼は最終的には右大臣という政務を統轄する地位まで上り詰め、民にも慕われ、天皇にも気に入られていました。

ここに学問の神様と言われる所以(ゆえん)があります。

なぜ学問の神様に?

しかしその後、左大臣の藤原時平に妬(ねた)まれ、無実の罪で大宰府へ左遷させられます。

彼はそのまま大宰府に閉じ込められたまま亡くなったことから、福岡の大宰府天満宮は菅原道真を神として祀るようになりました。

さて、ここからが重要なポイントです。

菅原道真の死後、京都で病死や事故死、自然災害などの異変が相次ぐのです。

その異変を人々は菅原道真の呪いだと解釈、道真の怒りを鎮めようとして祀るようになりました。

これが京都の北野天満宮

「天に満ちた道真の怒りを鎮めるための宮」

という意味です。

その時に菅原道真は天神様として信仰の対象とされ、全国へ広まっていきました。

どこにいけば学問の神様にお詣りできるの?

先程の話がわかれば、もうおわかりですね。

学問の神様を祀っているのは、天神様、天満宮と呼ばれる場所です。

また、元が北野天満宮であることから、「北野」と入っている神社も天神様の可能性があります。

有名な所ですと、

  • 福岡:太宰府天満宮
  • 東京:湯島天神(湯島天満宮)
  • 京都:北野天満宮
  • 東京:亀戸天神
  • 千葉:千葉天神(千葉神社内)

あたりでしょう。

ファイの教室は千葉県の蘇我と稲毛なので、千葉県でお話ししますと千葉神社が有名です。

千葉神社なのですが、中には千葉天神という建物があるんですね。

これが天神様を祀っているので、学問の神様ということになります。

千葉神社の敷地なので千葉神社でも間違いではないのですが、学問の神様に初詣を希望するのでしたら、千葉天神の方へもお参りをしておきましょう。

一応全国各地の有名どころも紹介しておきましょう。

  • 札幌八幡宮(北海道:札幌)
  • 錦山天満宮(北海道:江別)
  • 旭川天満宮(北海道:上川神社内)
  • 弘前天満宮(青森:弘前)
  • 盛岡八幡宮(岩手:盛岡)
  • 盛岡天満宮(岩手:盛岡)
  • 榴岡天満宮(宮城:仙台)
  • 小平潟天満宮(福島:猪苗代)
  • 湯島天神・湯島天満宮(東京:文京区)
  • 亀戸天神社(東京:亀戸)
  • 五條天神社(東京:上野)
  • 谷保天満宮(東京:国立)
  • 成子天神社(東京:西新宿)
  • 平河天満宮(東京:千代田区)
  • 牛天神北野神社(東京:文京区)
  • 布多天神社(東京:調布)
  • 新井天神北野神社(東京:中野)
  • 打越天神北野神社(東京:中野)
  • 西向天神社(東京:新宿)
  • 町田天満宮(東京:町田)
  • 若林天満宮・北野神社(東京:世田谷)
  • 穴澤天神社(東京:稲城)
  • 千葉天神・千葉神社(千葉:千葉)
  • 白幡天神社(千葉:市川)
  • 荏柄天神社(神奈川:鎌倉)
  • 永谷天満宮(神奈川:横浜)
  • 岡村天満宮(神奈川:横浜)
  • 久里浜天神社(神奈川:横須賀)
  • 高田天満宮(神奈川:横浜)
  • 三渓園天満宮(神奈川:横浜)
  • 山角天神社(神奈川:小田原)
  • 北野天神社(埼玉:所沢)
  • 堀口天満天神社(埼玉:所沢)
  • 朝日森天満宮(栃木:佐野)
  • 東蕗田天満社(茨城:八千代)
  • 中城天満宮(茨城:土浦)
  • 桐生天満宮(群馬:桐生)

  • 山田天満宮(愛知:名古屋)
  • 上野天満宮(愛知:名古屋)
  • 岩津天満宮(愛知:岡崎)
  • 北野天神社(愛知:江南)
  • 鴨田天満宮(愛知:岡崎)
  • 余坂天神社(愛知:犬山)
  • 添沢天満宮(愛知:北設楽)
  • 富士権現天満宮(愛知:名古屋)
  • 加納天満宮(岐阜:岐阜)
  • 飛騨天満宮(岐阜:飛騨)
  • 静岡天満宮(静岡:静岡)
  • 高天神社(静岡:掛川)
  • 谷崎天神社(静岡:周智)
  • 小松天満宮(石川:小松)
  • 北野天満宮(京都:京都)
  • 錦天満宮(京都:京都)
  • 菅原院天満宮神社(京都:京都)
  • 水火天満宮(京都:京都)
  • 吉祥院天満宮(京都:京都)
  • 文子天満宮(京都:京都)
  • 長尾天満宮(京都:京都)
  • 日除天満宮(京都:京都)
  • 生身天満宮(京都:南丹)
  • 長岡天満宮(京都:長岡京)
  • 和束天満宮(京都:相楽)
  • 大阪天満宮(大阪:大阪)
  • 露天神社(大阪:大阪)
  • 綱敷天神社(大阪:大阪)
  • 福島天満宮(大阪:大阪)
  • 御幸森天神宮(大阪:大阪)
  • 桑津天神社(大阪:大阪)
  • 榎木大明神(大阪:大阪)
  • 道明寺天満宮(大阪:藤井寺)
  • 服部天神宮(大阪:豊中)
  • 上新田天神社(大阪:豊中)
  • 交野天神社(大阪:枚方)
  • 上宮天満宮(大阪:高槻)
  • 岸和田天神宮(大阪:岸和田)
  • 島頭天満宮(大阪:門真)
  • 神戸北野天満神社(兵庫:神戸)
  • 綱敷天満宮(兵庫:神戸)
  • 柳原天神社(兵庫:神戸)
  • 大塩天満宮(兵庫:姫路)
  • 千姫天満宮(兵庫:姫路)
  • 九所御霊天神社(兵庫:姫路)
  • 臂岡天満宮(兵庫:伊丹)
  • 曽根天満宮(兵庫:高砂)
  • 打出天神社(兵庫:芦屋)
  • 門戸天神社(兵庫:西宮)
  • 海津天神社(滋賀:高島)
  • 菅原天満宮(奈良:奈良)
  • 興喜天満神社(奈良:桜井)
  • 和歌浦天満宮(和歌山:和歌山)
  • 尾長天満宮(広島:広島)
  • 御袖天満宮(広島:尾道)
  • 防府天満宮(山口:防府)
  • 冠天満宮(山口:光)
  • 賀茂神社天満宮(鳥取:米子)
  • 菅原天満宮(島根:松江)
  • 中野天満神社(香川:高松)
  • 瀧宮天満宮(香川:綾歌)
  • 履脱天満神社(愛媛:松山)
  • 太宰府天満宮(福岡:大宰府)
  • 水鏡天満宮(福岡:福岡)
  • 立帰天満宮(福岡:福岡)
  • 鏡天満宮(福岡:博多)
  • 北野天満宮(福岡:久留米)
  • 櫛原天満宮(福岡:久留米)
  • 水田天満宮・恋木神社(福岡:筑後)
  • 御自作天満宮(福岡:筑紫野)
  • 松森天満宮(長崎:長崎)
  • 梅園身代り天満宮(長崎:長崎)
  • 手取天満宮(熊本:熊本)
  • 山崎菅原神社(熊本:熊本)
  • 十島菅原神社(熊本:球磨)
  • 柞原八幡宮(大分:大分)
  • 福良天満宮(大分:臼杵)
  • 宮崎天満宮(宮崎:宮崎)
  • 浮島天満宮・尾末神社(宮崎:東臼杵)
  • 普天満宮・普天間神宮(沖縄:宜野湾)

※呼称のない天神社・天神神社・菅原神社・天満宮・北野天神社・北野天満宮は全国に多数存在するため割愛。

初詣は何か所も行っていい?

初詣をあちこちにいくと神様が怒ると言われることもありますが、神様はどうやらそんなことで怒る程小さな器ではないそうです。

また、神社の大小も関係ありません。

神社の神様には得意分野が存在するものの、大抵はどこの神社でも合格祈願はできるそうです。

知り合いの大きな神社の神主さんが言ってました(笑)

結局何を受験に活かすか、という話でしょう。

菅原道真を祀っていないからご利益がないわけではないということです。

そりゃそうですよね。

願掛けが合格を導くわけではありません

日頃の勉強が合格を導くのですから。

願掛けやお祈りは、所詮気持ちの後押しにしか過ぎません。

初詣、合格祈願をして合格した気にならないようにしましょう!

ファイの公式アカウントに合格祈願をすると、応援メッセージが返ってくるので試してみて下さい(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書