日本初!勝手に勉強する子ができる塾

受験生の親が冬休みにやるべき、合格に向けての準備

先生に教えてもらっている生徒

信じることの大切さ

卒業生のメッセージ

このコメントは以前の私の教え子が遊びに来てくれた時に、今の生徒のノートに書いてくれたメッセージです。

ノートチェックをしていた時に見つけてしまいました。

「切替先生」と言うのは抜きにして、信じるというのはとても大切な事です。

とはいえ何を信じるのか。

ここでいう「信じる」とは合格のことではありません

親であれば子どもを信じる、子どもであれば自分を信じる

もし自分を信じられないのであれば、自分を信じて支えてくれている人を信じる

これが試験の時の精神安定につながってきます。

冬休みで親が学ばせるべきこと

さて本題。

あと数週間で冬休みですね。

クリスマスにお正月、お年始に初詣。

イベント盛り沢山であっという間に過ぎてしまいますよね。

そんな冬休み。

おそらく受験生の親は「とにかく勉強!」と思っている事でしょう。

しかしですね、これを覚えておいて頂きたいのです。

受験生の多くは受験が終わった途端、勉強しなくなります。

よくある理由は

  • 受験に落ちてやる気を失った。
  • 受験が終わって勉強する理由がなくなった。
  • 「受験が終わったらやろう」と制限をかけていた。

これら原因の多くは、ほぼ例外なく親にあります。

受験するのは本人。

でもそれを支えているのは親。

だから親が力を入れてしまうのはわかりますが、本人以上に親が力が入っていると、このような事が起きてしまうのです。

計画を立てさせ、勉強しろとあおり、成績をチェックして、スケジュールを管理。

今現在、受験の合否の事しか頭にない親や、合格の光景しか思い描いていない親が一番危ないタイプです。

受験の先の世界が見えていますか?

確かに受験は大切。

でも受験が全てではありません。

大切な事は他にも沢山あるはずです。

そう、この冬休みで受験生の親がやるべきことは一つ。

受験よりも大切なものを見せてあげること、です。

「受験が全てじゃないんだよ」

なんて口で言ってもわかりません。

子どもが実感できるように、見せてあげて下さい。

感じさせてあげて下さい。

こうすると子供は精神的にも楽になります。

受験に前向きに挑めるようになります。

気が抜けてしまって勉強しなくなる子もいるかも知れません。

でも受験を苦に自殺なんてされるよりいいじゃないですか。

実際ありましたよね?

小学生が受験を苦に自殺してしまった事件。

これは1件や2件の珍しい例ではありません。

中学生、高校生でも毎年必ずどこかで起きている事件です。

あなたのお子様がそうなる可能性も十分あるのです。

自殺されてしまった子の親も、まさか自分の子供がと思っていたことでしょう。

受験を「通過点」として見ている子の方が強い

受験が終わった後にどうなるか。

それは親の受験に対する考え方で決まってくると言って間違いありません。

そして受験を通過点として見ている子は、受験本番も、受験が終わった後も強いのです。

目先の点数や成績に踊らされている子は、合格しても弱いものです。

長く一緒にいられるこの冬が受験前最後のチャンスです。

子どもとしっかり向き合って、受験よりも大切なものを見せてあげて下さいね。

進学が決まった後に、勉強のやり方を改善したいと思ったなら、受験が終わる前にファイへ連絡下さい。

受験が終わる前の種まきが重要なのです。

結果はどうであれ、進学先で有利になる勉強法を一緒に身に付けましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

1981年生、千葉県出身の学習法診断師。独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて、大手進学塾で実績、成績上昇率共にトップを取り続け、個別指導塾、家庭教師でもミラクルと言われる多数の逆転合格を打ち出す。2013年に進学塾PHIを作り、2015年に株式会社学習法指導塾PHIを設立。子供たちを対象とした勉強のやり方の指導を初め、親へも教育に関する子育て指導を実施。教育活動の一環として、高校や大学での指導、セミナー活動、塾や学校の先生など教育者に対するコンサルティング、動物介在教育など、多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書