日本初!勝手に勉強する子ができる塾

話が通じるタイミング、通じないタイミングの見分け方

正解?不正解?のカードを持つ子ども

タイミングの見極め方

いくら話しても聞いてないという事はよくあると思います。

色々な理由がありますが,とりあえず聞く気があるタイミングなのか,聞く気がないタイミングなのか,は判断することができます。

その方法とは,

  • 姿勢

に着目する方法です。

聞く気がある時は

  • 姿勢は前のめり
  • 目は話している人を見る
  • 口は緩いか開き気味

姿勢が前のめりで,目が合って,口が開いている時は,完全にその話に興味がある証拠です。

自分が話を聞く時を思い出したら,そういう経験ありますよね?(笑)

聞く気がない時は

  • 姿勢は後ろにもたれかかる感じ。
  • 目は全然違うところを見るか睨んでくる。
  • 口は固く閉じている。

この聞く気がない状態がハッキリしている場合は,どんなに頑張って話してもまず通じません。

打開する方法はいくらかありますが,通常は話す側が熱くなっていてそれどころではないでしょうから,相手がどういう状態かだけは意識してみるようにし,聞く状態にない時は話すのをやめた方がいいでしょう。

もしある程度ゆとりがあるのなら,以下の方法を試して見るといいでしょう。

  • 相手に質問を投げかけて話させる。
  • 恐怖を与えて徹底的に叩きのめす。

完全にダンマリを決め込んでしまう場合はいくら話させようとしても難しいですが,反抗している時は自分が思うとこがある場合がほとんどなので,一通り話してしまえば大抵満足するため,逆に聞く土俵が作れます

徹底的に叩きのめすというのは穏やかではありませんが,適度な恐怖心は思考を働かせます。

生徒には「どうすれば殺されないか必死で考えてましたww」って言われた事も(^^;)

考えてくれさえすれば話が通じる可能性も高くなります。

ただし,行き過ぎた恐怖心はパニックを起こすので,やり過ぎは注意です。

また,恐怖で抑えつけていう事を聞かせても,その後のフォローがうまくいかないとすぐに元に戻ります

子どもに言う事を聞かせるって難しいですね(笑)

子どもの勉強をどうするかなんて専門家に任せて,子どもがどう育っていくか見守っている方が楽しいですよ(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書