日本初!勝手に勉強する子ができる塾

テスト終了後こそ伸びるチャンス!無駄にしない活用法とは?

応援をする生徒

テストが終わったら何をする?

さて,二期制の学校では定期テストも一段落し,しばしまったりした時間が流れる人も多いと思います。

幕張はもう返却も終わり,松ヶ丘中蘇我中は終わって返却になっている頃ですね。

「折角テストが終わったから遊びたい!\(^o^)/」

まぁいいんじゃないですかね(笑)
終わった時ぐらい遊びましょう。

しかし,テストが帰ってくればやる事は沢山あります!
大抵の子は放っておくとやりませんから,意識的にやらせる必要があります

それは…

解き直しです。

学校の解き直しと自分で行う解き直しは意味が違う

え?そんなの学校でやってるって?

確かに返却の授業で直しをやる事も多いと思います。

しかし大抵の場合は直しになっていません

直しには3つのポイントがあります。

  1. どうして出来なかったのかを考える。
  2. どこから出題されているのかを調べる。
  3. 出来なかった問題をまとめる。

学校で行う解き直しは答え合わせと簡単な解説がほとんどで,上記3つに関しては自分でやらなければ誰も教えてくれません。

テストを受けてそれでおしまいと言う方も多いですが,ここまでやらないとただ出来具合を確認しただけの試験,先生が通知表をつけるためだけの試験になってしまいます

どこをチェックするべき?

なお,PHIではテストの解き直しまで指導しています。試験終了後,答案が返却されると,それを解き直して塾へ持ってきます。先生は,

  • 解き直しをチェック
  • 先生も答案を精査
  • その子のミスのパターンの分析
  • 弱点分野のチェック
  • 抜けた部分の確認
  • 指導したのに出来ていない部分のチェック

といったことを分析していきます。

こうして「次はどうすれば点数を上げられる!」という話をかなり細かくします。

漢字の間違えもただ単に「漢字をやっておこうね。」という話では終わらず,

  • 漢字の勉強の仕方
  • 漢字練習の指示
  • チェックテスト

を行い,失点の原因を意識させると共に,実際に行動に移すサポートまで行います。

テストが終わった今こそ次に伸ばすチャンスです。
やりっ放しは勿体無いですよ!
もう一息頑張ってもらいましょう(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書