日本初!勝手に勉強する子ができる塾

理想が破綻する前に気付いて欲しい子どもの本音

成績が上がらず涙を流す母親

「私の点数と向き合ってよ!」

「私の点数と向き合ってよ!」

とある子がぼやいてました。

曰く,親の望みが高すぎてついていけないと。

おそらくほとんどの親に言える事ではないでしょうか?

親である以上,子どもに期待するのは当然の事です。

しかし,その期待に子どもの気持ちがついていけないとこのようになります

人生に疲れた子どものコメント

この子はこう言っていますが,決して諦めている訳ではありません。

つい本音が出ちゃった,みたいな感じで話していましたが,そうは思いつつも頑張ろうとしています。

私が「よし、次は100点行こう!」と言うと,「無理無理!そんな頭良くないし!」と言いつつも「先生,先生」とよく聞いてきます。

ま,親に認めてもらう事に飢えてるという感じです。

気付いていないだけで,どの子もみなそうですよ。

期待や理想を描くのも構いませんが,その子点数と向き合い,その子の視点で努力を認めてあげなければ,いずれどこかで破綻します。

点数,成績,結果が大切ではないとはいいませんが,盲目的にそれだけを追い求めるようになると,取り返しがつかなくなります

諦めろと言っている訳ではありません。

そのままでは歯車が外れていく,と言っているのです。

あなたにとって本当に大切なものは何なのか

一度落ち着いて考えて子どもと接してあげて下さいね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

学習法診断士。東京、千葉、埼玉を中心に独自の教育論、常識外れの教育手法を用いて大手進学塾や個別指導塾、家庭教師といった教育機関で多数のミラクルと言われるような合格を打ち出す。2013年に株式会社学習法指導塾PHIを設立し、子供たちへ勉強のやり方の指導を始め、親への接し方の指導、セミナー活動、高校や大学での指導、塾や学校の先生などの教育者に対する指導、動物介在教育など多岐にわたって教育業に携わる。

カテゴリー

著書